コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸倉 とくら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸倉
とくら

群馬県北東部,片品村の北部にある集落。沼田街道に面し,尾瀬への入口となっている鳩待峠,富士見峠三平峠の3峠への分岐点。尾瀬地域は尾瀬国立公園に属する。近くに尾瀬戸倉スキー場などもあり,観光客でにぎわう。

戸倉
とぐら

長野県北部,長野盆地の南部にある地域。旧町名。 1940年町制。 1955年更級村および五加村の一部と合体。 2003年更埴市,上山田町と合併し千曲市となった。地名の由来は,鏡台山の山陰に倉科村があり,山陽にあたるので外倉科と呼んだ。ところが略地名は2文字までということから,科を取って外倉とし後日戸倉と改めた。中心集落戸倉は千曲川右岸にあり,江戸時代北国街道の宿駅として発展。 1893年左岸に温泉が開かれ,上山田温泉と接し,戸倉上山田温泉街を形成。近年右岸にも新戸倉温泉を開湯した。左岸では果樹と花卉の栽培,右岸では野菜の栽培が行なわれる。南部に冠着山があり,付近は聖山高原県立自然公園に属する。東部をしなの鉄道,国道 18号線が通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

とぐら【戸倉】

長野県北部、千曲ちくま市の地名。北国街道の旧宿場町・温泉町。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸倉
とぐら

長野県中北部、埴科(はにしな)郡にあった旧町名(戸倉町(まち))。現在の千曲(ちくま)市の中部一帯の地区。1940年(昭和15)町制施行。1955年(昭和30)更級(さらしな)村と合併。2003年(平成15)更埴(こうしょく)市、上山田(かみやまだ)町と合併、千曲市となる。戸倉の地名は千曲市の一部に残る。旧戸倉町は、区域の中東部を千曲川が北流し、東部と西部は山地である。千曲川右岸をしなの鉄道と国道18号が走る。中心の戸倉は近世北国(ほっこく)街道の宿駅で、本陣跡がある。明治中期以降は温泉町(現在の戸倉上山田温泉)として発展している。更級地区は姨捨(おばすて)山(冠着(かむりき)山)山麓(さんろく)の農村で、リンゴ栽培が盛ん。姨捨山麓の急斜面に広がる棚田景観は、「田毎の月(たごとのつき)」として、近世から月の名所になっている。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸倉の関連情報