コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平経盛 たいらの つねもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平経盛 たいらの-つねもり

1124-1185 平安時代後期の武将。
天治(てんじ)元年生まれ。平忠盛の子。平清盛の異母弟。伊賀守(いがのかみ),若狭守(わかさのかみ)などを歴任し正三位,参議となる。寿永2年一門とともに都落ちし,元暦(げんりゃく)2年3月24日壇ノ浦の戦いに敗れて入水した。62歳。歌人として知られ,歌は「千載和歌集」「新勅撰和歌集」などにみられる。家集に「経盛集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平経盛

没年:文治1.3.24(1185.4.24)
生年:天治1(1124)
平安末期の武将,公卿。平忠盛の子。母は皇后宮亮源信雅の娘。平清盛の異母弟。保元1(1156)年に清盛の申請で安芸守となり,伊賀守,若狭守,内蔵頭などを経て,治承1(1177)年に正三位,養和1(1181)年には参議にのぼった。平家一門と運命を共にし,子息の経正,経俊,敦盛らはいずれも一の谷の戦(1184)で死に,自らは翌年の壇の浦の戦で入水した。和歌をよくし,仁和寺守覚法親王の御所に,平忠度らと毎月の和歌会の衆として出入りしたこと,その死を悼んだ守覚が供養のために,彼らの生前の和歌懐紙を経の料紙としたことが守覚の『左記』にみえる。家集『経盛集』がある。

(土谷恵)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

平経盛の関連キーワード若桜(町)江馬輝経江馬氏源師光平敦盛太良荘小侍従平経正平経俊没年寂蓮落折

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android