コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸倉峠 とくらとうげ

5件 の用語解説(戸倉峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸倉峠
とくらとうげ

兵庫県宍粟市と鳥取県若桜町との境,因幡 (若桜) 街道 (現国道 29号線) 沿いにある峠。標高 891m。第2次世界大戦後,峠付近の難所を避けるため長さ 75mのトンネルで通過するようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とくら‐とうげ〔‐たうげ〕【戸倉峠】

鳥取・兵庫県境にある峠。国道29号が通り、鳥取と京阪神とを結ぶ要路。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

戸倉峠【とくらとうげ】

鳥取・兵庫県境の峠。標高891m。古くは因幡(いなば)街道と若桜(わかさ)街道を結ぶ要地で,1581年豊臣秀吉の鳥取攻略の際に侵入路となった。現在は国道29号線がトンネルにより通じる。
→関連項目波賀[町]氷ノ山後山那岐山国定公園若桜[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とくらとうげ【戸倉峠】

鳥取・兵庫県境にある峠。〈とぐら〉ともいう。標高約920m。鳥取県側の八頭(やず)郡若桜(わかさ)町に,平家落人伝説をもつかつての木地師集落の落折(おちおり)があり,兵庫県側には宍粟(しそう)郡波賀町に属する麓集落の戸倉がある。1581年(天正9)豊臣秀吉は鳥取攻略にさいしてこの峠から侵入した。鳥取と姫路を結ぶ国道29号線が峠の直下(標高約820m)をトンネルで越える。峠は氷ノ山後山(ひようのせんうしろやま)那岐山国定公園に属し,戸倉,新戸倉などのスキー場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸倉峠
とくらとうげ

兵庫県宍粟(しそう)市と鳥取県八頭(やず)郡若桜(わかさ)町の境界にある峠。標高891メートル。歴史上、播磨(はりま)と出雲(いずも)地方とを結ぶ重要な交通路であり、宍粟市域には伊和神社、千草(ちくさ)鉄など出雲文化の影響が大きい。江戸時代以降は若桜街道、播州(ばんしゅう)往来とよばれた。かつては雪に悩まされたが、いまはトンネルで抜けて国道29号が走る。氷ノ山後山那岐山(ひょうのせんうしろやまなぎさん)国定公園の一画で、兵庫県側の山麓(さんろく)にはスキー場がある。[大槻 守]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸倉峠の関連キーワード扇ノ山蒲生峠志戸坂峠カットグラスショットグラスカルトグラム鳥取県境港市栄町鳥取県境港市大正町鳥取県境港市花町鳥取県境港市本町

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone