コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸倉峠 とくらとうげ

5件 の用語解説(戸倉峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸倉峠
とくらとうげ

兵庫県宍粟市と鳥取県若桜町との境,因幡 (若桜) 街道 (現国道 29号線) 沿いにある峠。標高 891m。第2次世界大戦後,峠付近の難所を避けるため長さ 75mのトンネルで通過するようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

戸倉峠【とくらとうげ】

鳥取・兵庫県境の峠。標高891m。古くは因幡(いなば)街道と若桜(わかさ)街道を結ぶ要地で,1581年豊臣秀吉の鳥取攻略の際に侵入路となった。現在は国道29号線がトンネルにより通じる。
→関連項目波賀[町]氷ノ山後山那岐山国定公園若桜[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくらとうげ【戸倉峠】

鳥取・兵庫県境にある峠。〈とぐら〉ともいう。標高約920m。鳥取県側の八頭(やず)郡若桜(わかさ)町に,平家落人伝説をもつかつての木地師集落の落折(おちおり)があり,兵庫県側には宍粟(しそう)郡波賀町に属する麓集落の戸倉がある。1581年(天正9)豊臣秀吉は鳥取攻略にさいしてこの峠から侵入した。鳥取と姫路を結ぶ国道29号線が峠の直下(標高約820m)をトンネルで越える。峠は氷ノ山後山(ひようのせんうしろやま)那岐山国定公園に属し,戸倉,新戸倉などのスキー場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸倉峠
とくらとうげ

兵庫県宍粟(しそう)市と鳥取県八頭(やず)郡若桜(わかさ)町の境界にある峠。標高891メートル。歴史上、播磨(はりま)と出雲(いずも)地方とを結ぶ重要な交通路であり、宍粟市域には伊和神社、千草(ちくさ)鉄など出雲文化の影響が大きい。江戸時代以降は若桜街道、播州(ばんしゅう)往来とよばれた。かつては雪に悩まされたが、いまはトンネルで抜けて国道29号が走る。氷ノ山後山那岐山(ひょうのせんうしろやまなぎさん)国定公園の一画で、兵庫県側の山麓(さんろく)にはスキー場がある。[大槻 守]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone