コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落梅集 ラクバイシュウ

デジタル大辞泉の解説

らくばいしゅう〔ラクバイシフ〕【落梅集】

島崎藤村の詩文集。明治34年(1901)刊。「千曲川旅情の歌」「小諸なる古城のほとり」など、小諸時代の恋愛詩と旅情をうたう自然詩を収める。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

らくばいしゅう【落梅集】

詩文集。島崎藤村作。1901年(明治34)刊。小諸時代の秘められた恋情の詩と自然詩から成る。「小諸なる古城のほとり」は有名。作者の青春への決別の意味をもつ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

落梅集の関連キーワード島崎藤村(年譜)深江屋太郎兵衛敷く・布く島崎 藤村遊子・游子藤村詩集恋情巻舒決別

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android