コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落梅集 ラクバイシュウ

デジタル大辞泉の解説

らくばいしゅう〔ラクバイシフ〕【落梅集】

島崎藤村の詩文集。明治34年(1901)刊。「千曲川旅情の歌」「小諸なる古城のほとり」など、小諸時代の恋愛詩と旅情をうたう自然詩を収める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らくばいしゅう【落梅集】

詩文集。島崎藤村作。1901年(明治34)刊。小諸時代の秘められた恋情の詩と自然詩から成る。「小諸なる古城のほとり」は有名。作者の青春への決別の意味をもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

落梅集の関連キーワード島崎藤村(年譜)深江屋太郎兵衛敷く・布く遊子・游子島崎 藤村藤村詩集巻舒恋情決別

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android