旅情(読み)リョジョウ

デジタル大辞泉の解説

りょ‐じょう〔‐ジヤウ〕【旅情】

旅に出て感じるしみじみとした思い。旅の情趣。たびごころ。「旅情をそそる」
[補説]作品名別項。→旅情

りょじょう【旅情】[映画]

《原題Summertime》イギリス・アメリカ合作映画。1955年公開。キャサリン=ヘップバーン、ロッサノ=ブラッツィ主演、リーン監督による恋愛映画。ベネチアを舞台に、アメリカ人の女性行者とイタリア男性の恋を描く。ニューヨーク映画批評家協会賞監督賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

旅情

1955年製作のイギリス・アメリカ合作映画。原題《Summertime》。ロッサノ・ブラッツィ、キャサリン・ヘプバーン主演のロマンス映画。監督:デビッド・リーン。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

りょじょう【旅情】

旅先でいだくしみじみとした思い。旅の心情。 「 -にひたる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旅情の関連情報