コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落花枝に返らず、破鏡再び照らさず ラッカエダニカエラズ、ハキョウフタタビテラサズ

とっさの日本語便利帳の解説

落花枝に返らず、破鏡再び照らさず

「覆水盆に返らず」「後悔先に立たず」同様、やってしまったことは取り返しがつかず、後悔しても無益だという意味。離れて暮らす夫婦が持っていた二つに割ったは妻の不義によって二度と合わさらなかった、という故事に基づくため、男女間に用いる。別れた男女が元に戻るのは、散った花が元に戻るように、割れた鏡がまた合わさるように難しい。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android