不義(読み)ふぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八虐の第8。の用語。主人,本籍地の国守,受業の殺害,雑任以下の者が所属の長官 (かみ) ,次官 (すけ) を殺害した場合,および夫の喪中に妻が挙哀 (こあい) せず,音楽を聞き,喪服を平服改め,再婚した場合などが,この罪に該当する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

人として守るべき道にはずれること。また、その行い。
道に背いた関係を結ぶこと。特に、既婚者が配偶者以外と肉体関係をもつこと。密通。「不義をはたらく」
律の八虐の一。師や長官などを殺すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の不義の言及

【八虐】より

…律の条文のうち,主として儒教的見地から道徳上の教えに違反する罪を集めて,それを謀反(むへん)(反をはかる),謀大逆(大逆をはかる),謀叛(むほん)(叛をはかる),悪逆,不道,大不敬,不孝,不義の8項目に分類し(表参照),それに特別な法的効果を付与した規定。したがって八虐に当たる罪に対する刑罰がすべて重いとは限らない。…

※「不義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android