コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落(ち)重なる オチカサナル

デジタル大辞泉の解説

おち‐かさな・る【落(ち)重なる】

[動ラ五(四)]
落ちたものの上に、さらに落ちて重なる。「木の葉が―・った山道」
重なって落ちる。
「馬の上にて引っ組んで、波打ち際に―・って」〈謡・敦盛

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

落(ち)重なるの関連キーワード波打ち際木の葉

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android