敦盛(読み)アツモリ

  • 敦盛 (アツモリ)

世界大百科事典 第2版の解説

(1)幸若舞曲曲名。作者,成立年次不詳。上演記録の初出は1567年(永禄10。《言継卿記》)。熊谷直実は一ノ谷合戦で心ならずも平敦盛を討つことになり,敦盛の父経盛に遺骸遺品を届け書状を取りかわす。無常を感じた直実は法然上人を師として出家,蓮生坊と名乗って敦盛の菩提を弔い,高野山蓮華谷智識院で大往生を遂げる。同じ説話は《平家物語》諸本にみられ,《源平闘諍録》に敦盛を討つのは皆輪次郎,直実が討つのは平成(業)盛とするなど異伝もあるが,比較的近い内容を持つのが延慶本。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

○人名。平敦盛たいらのあつもり
能の曲名。二番目物。世阿弥作。熊谷直実くまがいなおざねが出家して、手にかけた平敦盛の菩提ぼだいを弔うため一谷におもむき回向していると、敦盛の亡霊が夢に現れ、一門の没落を嘆きわが身の最期を語り、供養を謝して去る。
幸若舞こうわかまいの一。熊谷直実が平敦盛を討ち、出家に至るまでを脚色したもの。能の「敦盛」とともに浄瑠璃・歌舞伎の素材となった。
熱盛りに同じ。平敦盛の名にかけてしゃれたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

能の曲目。二番目・修羅物。五流現行曲。『平家物語』に拠(よ)った世阿弥(ぜあみ)の作。一ノ谷で16歳の平敦盛を討った熊谷次郎直実(くまがいじろうなおざね)は、出家して蓮生(れんせい)法師(ワキ)となり、須磨(すま)の浦に下ってくる。草刈り男たち(前シテとツレ数人)の草笛の音にひかれ、蓮生はことばを交わし、1人残った男は弔いを願って消える。後シテは敦盛の亡霊が可憐(かれん)な武装で現れる。平家の一ノ谷の生活を語り、寄せ手を前にしての優雅な詩歌管絃(しいかかんげん)の遊びのありさまと、戦死の無念さを再現する。かつての敵もいまは法(のり)の友と、その弔いを受けて現れているものの、最期の怨念(おんねん)に亡霊は蓮生に太刀(たち)を振り上げるが、ふたたび心を翻して消えうせていく。修羅道の苦がまったく描かれていないのも特色である。類曲『生田敦盛(いくたあつもり)』では忘れ形見が子方として登場、父敦盛の霊と対面する。なお、織田信長が桶狭間(おけはざま)の奇襲にあたって舞ったのは幸若(こうわか)舞の『敦盛』。歌舞伎(かぶき)の『一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)』では、熊谷は敦盛の身替りにわが子小次郎の首を打つ趣向となっている。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1]
[一] 人名「たいらのあつもり(平敦盛)」のこと。修理大夫平経盛の三男。無官大夫平敦盛。
[二] 謡曲。二番目物。各流。世阿彌作。「平家物語」による。平敦盛の菩提を弔うため、敦盛を討った熊谷直実は出家して蓮生(れんしょう)と名を改め、一の谷に来る。そこに敦盛の霊が現われ、最期のさまを語る。
[三] 幸若舞曲。「平家物語」「源平盛衰記」の熊谷直実(なおざね)が平敦盛を討ち、出家した物語に取材したもの。浄瑠璃、歌舞伎の素材となる。
[2] 〘名〙
① 植物「あつもりそう(敦盛草)」の略。
※大和本草(1709)七「花の紫なるを為敦盛。花淡白を為熊谷
② (熱盛りを敦盛にかけたしゃれ) 「あつもりそば(敦盛蕎麦)」の略。
※狂歌・徳和歌後万載集(1785)五「よしつねはくはれぬそばのあつもりをくまかへ給へひらに平山」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の敦盛の言及

【熊谷直実】より

…一所懸命の地を守り,侍の身分であることを誇りとした東国武士の典型である。なお《平家物語》では,直実が出家したのは,一ノ谷合戦で平敦盛を討ち取ったことによるとしているが,これは史実ではない。【細川 涼一】
[伝承と作品化]
 熊谷直実は実在した武将であるが,伝承の世界でも話題に事欠かぬ人物である。…

※「敦盛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敦盛の関連情報