コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉層 ヨウソウ

デジタル大辞泉の解説

よう‐そう〔エフ‐〕【葉層】

地層を構成する最小単位。単層の内部で構成粒子の配列が示す葉片状の薄層。または、厚さ1センチ以下の薄い層。ラミナ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

葉層【ようそう】

葉理

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

葉層

成層した岩石の中の薄い層で,上下の層とは岩質が異なり明瞭に区別できるもの.鉱物粒子の層状の配列でできており,厚さは1cmよりも薄い一様の岩石からなっている.葉理(lamination)は葉層が示す層理で,地層の中で厚さ1cm以下の規模の最も薄い特徴的な層である[Hatch : 1888, Payne : 1942, McKee & Weir : 1953].一つの地層が多少成分または組織が異なる薄い層の集まりからなる場合に,その個々の薄層を葉層という[渡辺編 : 1935].単層の内部に見られる層に鉱物粒子の層状の配列でできたもの[木村ほか : 1973].地層中の成層構造の最小単位.変成岩の面構造にも用いられる.ラテン語laminaは層の意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ようそう【葉層】

地層を構成する葉片状の構造で、同時に沈積したと考えられる堆積物の薄層。ラミナ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

葉層の関連キーワードフタバスズキリュウ(双葉鈴木竜)インチスケール層状構造リブ・アンド・ファローストラティキュレートフタバスズキリュウコンボリュート層理ヒミズ(日不見)フタバサウルスモグラジネズミオリストグリフホラヒメグモカマアシムシ波形リップルトガリネズミタマヤスデラミナイト双葉鈴木竜褐色森林土マシラグモタナグモ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葉層の関連情報