コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

著だ政 ちゃくだのまつりごと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

著だ政
ちゃくだのまつりごと

だは「かなぎ」で鉄製の「かせ」のこと。検非違使が5,12月の吉日に,盗犯,貨幣私鋳などの容疑者を東西の市に引出して罪状を定め,だをはめて獄に送る儀式。弘仁9 (818) 年から行われ,鎌倉時代以降は有名無実化したが,江戸時代中期まで行われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

著だ政の関連キーワード明法勘文

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android