コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

著だ政 ちゃくだのまつりごと

1件 の用語解説(著だ政の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

著だ政
ちゃくだのまつりごと

だは「かなぎ」で鉄製の「かせ」のこと。検非違使が5,12月の吉日に,盗犯,貨幣私鋳などの容疑者を東西の市に引出して罪状を定め,だをはめて獄に送る儀式。弘仁9 (818) 年から行われ,鎌倉時代以降は有名無実化したが,江戸時代中期まで行われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

著だ政の関連キーワード金木鉄臼鉄梃金箸金輪鉄炉金扱き鉄鋤首枷墓薙ぎ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone