吉日(読み)キチジツ

デジタル大辞泉の解説

きち‐じつ【吉日】

縁起のよい日。祝い事など、何か事をするのによいとされる日。きちにち。きつじつ。「思い立ったが吉日」⇔凶日(きょうじつ)
[補説]呉音「きち」と漢音「じつ」の混ぜ読みで、新しい形。「きちにち」「きつじつ」が本来の読み方。

きち‐にち【吉日】

きちじつ(吉日)

きつ‐じつ【吉日】

きちじつ(吉日)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きち‐じつ【吉日】

〘名〙 めでたい日。えんぎのよい日。吉曜(きちよう)。吉旦(きったん)。きちにち。きつじつ。きつにち。⇔悪日(あくにち)
※続日本紀‐天応元年(781)正月辛酉「今者元正告暦、吉日初開」
※今昔(1120頃か)一「然ば、大王、諸の大臣と吉日を撰び定めて」

きち‐にち【吉日】

〘名〙 =きちじつ(吉日)〔塵芥(1510‐50頃)〕
※開化問答(1874‐75)〈小川為治〉二「祝義に付き吉日(キチニチ)をえらばんとすれども」

きつ‐じつ【吉日】

きつ‐にち【吉日】

〘名〙 =きちじつ(吉日)〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉日の関連情報