吉日(読み)キチジツ

  • きちにち
  • きつじつ
  • きつにち

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 めでたい日。えんぎのよい日。吉曜(きちよう)。吉旦(きったん)。きちにち。きつじつ。きつにち。⇔悪日(あくにち)
※続日本紀‐天応元年(781)正月辛酉「今者元正告暦、吉日初開」
※今昔(1120頃か)一「然ば、大王、諸の大臣と吉日を撰び定めて」
〘名〙 =きちじつ(吉日)塵芥(1510‐50頃)〕
※開化問答(1874‐75)〈小川為治〉二「祝義に付き吉日(キチニチ)をえらばんとすれども」
〘名〙 =きちじつ(吉日)〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android