コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

著作郎 ちょさくろう

大辞林 第三版の解説

ちょさくろう【著作郎】

内記ないきの唐名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の著作郎の言及

【太史】より

…漢代では世襲の官として太史公が置かれ司馬遷がそれについた。史官としての地位は漢初が最高で,それ以後,軽くなり,魏・晋以後は史官の専職として著作郎などが置かれ,太史の職掌は本来の天文・暦法関係に限られ宋・元時代まで続いた。【冨谷 至】。…

※「著作郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

著作郎の関連キーワード許敬宗劉知幾皮日休干宝楽史郭璞張耒張載楊億王劭陳寿孫綽顧況著作魏収太史

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android