著作郎(読み)ちょさくろう

精選版 日本国語大辞典「著作郎」の解説

ちょさく‐ろう ‥ラウ【著作郎】

〘名〙 内記(ないき)唐名
菅家文草(900頃)二・予作詩情怨之後、再得菅著作長句二篇「余即為著作郎。至元慶君又為之」 〔華陽国志‐後賢志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の著作郎の言及

【太史】より

…漢代では世襲の官として太史公が置かれ司馬遷がそれについた。史官としての地位は漢初が最高で,それ以後,軽くなり,魏・晋以後は史官の専職として著作郎などが置かれ,太史の職掌は本来の天文・暦法関係に限られ宋・元時代まで続いた。【冨谷 至】。…

※「著作郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android