コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内記 ないき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内記
ないき

令制における中務省の官人。『和名抄』に「うちのしるすつかさ」とある。詔勅,宣命位記 (叙位の旨を記した辞令書) ,上奏などの作成,宮中の記録を司ったため,能文能筆の人が選ばれた。大・中・少内記各2人がおかれたが,のち中内記は廃止された。詰所を内記所,内記局といった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

内記【ないき】

律令制下の朝廷の書記。中務(なかつかさ)省にあって詔勅(しょうちょく)の作成,宮中の記録を担当。構成員は大・中・少内記が各2名。→外記

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ないき【内記】

日本古代の律令制官職の一つ。太政官に所属する外記(げき)に対するもので,〈うちのしるすつかさ〉ともいう。大内記・中内記・少内記(定員各2)があり,中務省(なかつかさしよう)に所属し,詔書・勅書の勘造,天皇の動静についての記録,位記(いき)の作成などのことをつかさどる。その相当位は大内記が正六位上,中内記が正七位上,少内記が正八位上であったが,806年(大同1)に中内記を廃止して少内記の相当位を正七位上とし,新たに内記史生(定員4)を置いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ないき【内記】

律令制で中務省に置かれた官職。詔書・勅旨や位記の起草、御所の記録などをつかさどった。大・中・少各二人であったが、平安初期に中内記が廃され、新たに内記史生ししよう四人が置かれた。うちのしるすつかさ。 ⇔ 外記げき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内記
ないき

和訓は「うちのしるすつかさ」。唐名は柱史、柱下、起居郎など。中務(なかつかさ)省所属の官職で、職員令(しきいんりょう)によると大内記2人、中内記2人、少内記2人で、詔勅の起草や御所の記録のことをつかさどる。太政官(だいじょうかん)所属の外記(げき)に対応。官位相当は大・中・少各正(しょう)六位上・正七位上・正八位上。806年(大同1)に中内記を廃し、少内記の官位相当を中内記と同じ正七位上とし、さらに内記史生(ししょう)4人を置いた(『類聚三代格(るいじゅうさんだいきゃく)』『日本後紀』)。『西宮記(さいぐうき)』などに内記局あるいは内記所の称がみえ、一司をなしていたことが知られる。『職原抄(しょくげんしょう)』(1340成立)によると、大内記1人、少内記2人で、儒門のなかより文筆に堪える者をこれに任ずるとある。[柳雄太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の内記の言及

【内記】より

…太政官に所属する外記(げき)に対するもので,〈うちのしるすつかさ〉ともいう。大内記・中内記・少内記(定員各2)があり,中務省(なかつかさしよう)に所属し,詔書・勅書の勘造,天皇の動静についての記録,位記(いき)の作成などのことをつかさどる。その相当位は大内記が正六位上,中内記が正七位上,少内記が正八位上であったが,806年(大同1)に中内記を廃止して少内記の相当位を正七位上とし,新たに内記史生(定員4)を置いた。…

※「内記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内記の関連キーワード東京都新宿区早稲田鶴巻町山川彦左衛門パウサニアス日下部壺仙月湖(2)東坊城和長小笠原貞春小野俊生住吉広行住吉広尚加藤安彦住吉如慶片桐貞起岡部南嶽朽木綱貞狩野永朝狩野休山住吉広保菅原輔昭石原白道

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内記の関連情報