内記(読み)ないき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内記
ないき

令制における中務省の官人。『和名抄』に「うちのしるすつかさ」とある。詔勅,宣命位記 (叙位の旨を記した辞令書) ,上奏などの作成,宮中の記録を司ったため,能文能筆の人が選ばれた。大・中・少内記各2人がおかれたが,のち中内記は廃止された。詰所を内記所,内記局といった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

内記【ないき】

律令制下の朝廷の書記。中務(なかつかさ)省にあって詔勅(しょうちょく)の作成,宮中の記録を担当。構成員は大・中・少内記が各2名。→外記

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ないき【内記】

日本古代の律令制官職の一つ。太政官に所属する外記(げき)に対するもので,〈うちのしるすつかさ〉ともいう。大内記・中内記・少内記(定員各2)があり,中務省(なかつかさしよう)に所属し,詔書・勅書の勘造,天皇の動静についての記録,位記(いき)の作成などのことをつかさどる。その相当位は大内記が正六位上,中内記が正七位上,少内記が正八位上であったが,806年(大同1)に中内記を廃止して少内記の相当位を正七位上とし,新たに内記史生(定員4)を置いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ないき【内記】

律令制で中務省に置かれた官職。詔書・勅旨や位記の起草、御所の記録などをつかさどった。大・中・少各二人であったが、平安初期に中内記が廃され、新たに内記史生ししよう四人が置かれた。うちのしるすつかさ。 ⇔ 外記げき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内記
ないき

和訓は「うちのしるすつかさ」。唐名は柱史、柱下、起居郎など。中務(なかつかさ)省所属の官職で、職員令(しきいんりょう)によると大内記2人、中内記2人、少内記2人で、詔勅の起草や御所の記録のことをつかさどる。太政官(だいじょうかん)所属の外記(げき)に対応。官位相当は大・中・少各正(しょう)六位上・正七位上・正八位上。806年(大同1)に中内記を廃し、少内記の官位相当を中内記と同じ正七位上とし、さらに内記史生(ししょう)4人を置いた(『類聚三代格(るいじゅうさんだいきゃく)』『日本後紀』)。『西宮記(さいぐうき)』などに内記局あるいは内記所の称がみえ、一司をなしていたことが知られる。『職原抄(しょくげんしょう)』(1340成立)によると、大内記1人、少内記2人で、儒門のなかより文筆に堪える者をこれに任ずるとある。[柳雄太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐の‐しるすつかさ【内記】

〘名〙 令制において中務(なかつかさ)省に属する官。正七位上相当官。少納言局の外記(げき)に対する。詔勅、位記などの文書を作成し、宮中の記録をつかさどった。ないき。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

ない‐き【内記】

〘名〙
① 令制で、中務(なかつかさ)省の品官(ほんかん)。四等官のほかに置かれた官で、詔・勅の起草、位記の作成をつかさどる。多く文人・学者が選任された。令の規定では大・中・少内記各二人があるが、大同元年(八〇六)、中内記は廃された。大内記は正六位上相当、少内記は正八位(のち正七位上)相当の官。唐名、柱下・柱史。うちのしるすつかさ。〔令義解(718)〕
※源氏(1001‐14頃)浮舟「この内記は、望むことありて、夜昼、いかで御心に入らむと思ふ頃」
② =しょじょうじしゃ(書状侍者)〔禅林象器箋(1741)〕 〔敕修百丈清規‐四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の内記の言及

【内記】より

…太政官に所属する外記(げき)に対するもので,〈うちのしるすつかさ〉ともいう。大内記・中内記・少内記(定員各2)があり,中務省(なかつかさしよう)に所属し,詔書・勅書の勘造,天皇の動静についての記録,位記(いき)の作成などのことをつかさどる。その相当位は大内記が正六位上,中内記が正七位上,少内記が正八位上であったが,806年(大同1)に中内記を廃止して少内記の相当位を正七位上とし,新たに内記史生(定員4)を置いた。…

※「内記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内記の関連情報