コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華陽国志 かようこくしHuà yáng guó zhì

世界大百科事典 第2版の解説

かようこくし【華陽国志 Huà yáng guó zhì】

中国,東晋時代,璩(じようきよ)の著。華陽(華山の南,すなわち四川から雲南にまたがる地域)の歴史を,各地の著名な人物中心にのべたもの。常璩はさきに成漢政権につかえた。後漢王朝滅亡のあと地方文化の独自性への認識が強まり,各地で《先賢伝》《耆旧(ききゆう)伝》が著されたが,《華陽国志》も,四川を中心としたそうした書物の一つと考えることができる。人物,山水風物についての記述のほか,地方的な神話・伝説が書き留められている点でも貴重。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

華陽国志の関連キーワード蜀魂

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android