華陽国志(読み)かようこくし(英語表記)Huà yáng guó zhì

世界大百科事典 第2版の解説

かようこくし【華陽国志 Huà yáng guó zhì】

中国,東晋時代,常璩(じようきよ)の。華陽(華山の南,すなわち四川から雲南にまたがる地域)の歴史を,各地の著名な人物を中心にのべたもの。常璩はさきに成漢政権につかえた。後漢王朝滅亡のあと地方文化の独自性への認識が強まり,各地で《先賢》《耆旧(ききゆう)伝》が著されたが,《華陽国志》も,四川を中心としたそうした書物の一つと考えることができる。人物,山水風物についての記述のほか,地方的な神話伝説が書き留められている点でも貴重。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android