コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

著大 チョダイ

デジタル大辞泉の解説

ちょ‐だい【著大】

[名・形動]いちじるしく大きいこと。目立って大きいこと。また、そのさま。
「漸く四方に延蔓し其数―に至り」〈神田孝平明六雑誌二六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょだい【著大】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
いちじるしく大きいこと。ひときわ大きいこと。また、そのさま。 「漸く四方に延蔓し其数-に至り/明六雑誌 26

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

著大の関連キーワード古今亭 志ん朝(3代目)市川 団十郎(11代目)漢・魏・晋・南北朝の美術柳家 小さん(5代目)松旭斎 天勝(2代目)三遊亭 円生(6代目)桂 三木助(3代目)渋谷 天外(2代目)松旭斎 天勝(初代)パヴロワ エリアナ桂 文楽(8代目)桃中軒 雲右衛門松鶴家 千代菊市川 右太衛門松鶴家 千代若曽我廼家 十吾阪東 妻三郎石原 裕次郎美空 ひばり入江 たか子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android