コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛西晴信 かさい はるのぶ

2件 の用語解説(葛西晴信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛西晴信 かさい-はるのぶ

?-? 戦国-織豊時代の武将。
陸奥(むつ)登米郡(宮城県)寺池城主。伊達氏とむすんで元亀(げんき)2年(1571),天正(てんしょう)元年(1573)の2度大崎義隆をやぶる。豊臣秀吉小田原攻めには領内情勢が不安定なため参加せず,所領を没収された。初名は信清。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

葛西晴信

没年:慶長2頃(1597)
生年:永禄1頃(1558)
江戸前期の武将。晴胤の子。左京大夫。兄義重を継ぎ戦国大名葛西氏の第16代当主となる。葛西7郡(牡鹿,登米,本吉,磐井,胆沢,江刺,気仙)と桃生郡東部と栗原郡東北部も領す。居城は登米郡寺池城(宮城県登米町)。隣接する大崎氏としばしば合戦を行う一方,縁約の深い伊達氏と結ぶ。秀吉の小田原征伐に際して,伊達氏を中心とする南奥同盟の中で自家の安泰をはかろうとしたことと,領内内紛のために参陣できず所領を没収され,佐沼城によって上方軍を迎え討ったが敗北。その後,黒川郡大谷12ケ村を与えられたのち,前田利家に預けられ,慶長2(1597)年64歳で死去したと伝えられる。晴信文書は現在200通ほど残っているが多くは近世に作成された偽文書。葛西氏はその後南部氏と伊達氏に分かれて仕えた。<参考文献>『石巻市史』6巻

(伊藤清郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葛西晴信の関連キーワード堀河康実中山信治古市重胤木下俊忠吉野大夫京兆の尹左京大夫左京大夫局(1)左京大夫局(2)結城晴綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone