葛飾八幡宮

デジタル大辞泉プラス「葛飾八幡宮」の解説

葛飾八幡宮

千葉県市川市にある神社。寛平年間(889~898)の創建とされる。祭神誉田別命(ほむたわけのみこと)、息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと)、玉依姫命(たまよりひめのみこと)。樹齢1200年と言われる御神木の千本公孫樹(せんぼんいちょう)は国の天然記念物に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「葛飾八幡宮」の解説

かつしか‐はちまんぐう【葛飾八幡宮】

千葉県市川市八幡にある神社。旧県社。祭神は誉田別命(ほむたわけのみこと)、玉依姫命(たまよりひめのみこと)、気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android