玉依姫(読み)タマヨリヒメ

デジタル大辞泉の解説

たまより‐ひめ【玉依姫】

《「たまよりびめ」とも》
神霊を宿す女性。巫女(みこ)などの称。

日本神話で、海の神の娘。鸕鷀草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)となり、神日本磐余彦尊(かんやまといわれびこのみこと)(神武天皇)ら四子を産んだ。
賀茂伝説で、建角身命(たけつぬみのみこと)の娘。丹塗矢(にぬりや)(火雷神(ほのいかずちのかみ))と結婚し、別雷神(わけいかずちのかみ)を産んだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉依姫 たまよりひめ

記・紀にみえる女神
豊玉姫の妹。彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と結婚したの生んだ鸕鷀草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)を養育し,のちその妃となり,神日本磐余彦尊(かむやまといわれびこのみこと)(神武天皇)ら男子4人を生む。「古事記」には玉依毘売とある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

玉依姫

『山城国風土』逸文にみえる女神。神武天皇の先導をしたと伝える賀茂建角身命の娘。丹塗矢となって瀬見の小川を流れ下ってきた火雷神との間に,可茂別雷命(賀茂別雷命)を生む。玉は霊的な存在を表している。そして「依」とは憑依すること,寄りつくことを表す。世に巫女と呼ばれる女性がいて,その本来的な役目は神を迎えることであり,ときにその滞在の間,妻となって神の子を宿す役割を果たすことがある。この玉依姫の話はまさにそのような巫女のありようが神話的に構成されたものである。<参考文献>柳田国男「妹の力」(『柳田国男全集』11巻)

(神田典城)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たまよりひめ【玉依姫】

記紀,《風土記》に登場する女性の名。たとえば,毎夜訪れる見知らぬ若者(実は大物主(おおものぬし)神)によってみごもり,三輪氏のを生んだとされる女性,海神(わたつみ)の娘で,海幸山幸神話の主人公火遠理(ほおり)命の子の乳母でのちには妻となり,神武天皇を生んだとされる女性,丹塗矢(にぬりや)と化した火雷(ほのいかずち)神に感精して賀茂氏祖神を生んだとされる女性などがタマヨリヒメとよばれている。物語の中では固有名詞のように扱われているが,むしろ普通名詞と考えたほうがよい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たまよりびめ【玉依姫】

たまの意。神霊を宿した巫女を一般的に称したものか
記紀神話で、綿津見神の次女。姉の豊玉姫命の子鸕鷀草葺不合尊うがやふきあえずのみことの妻として神武天皇などを生んだ。
風土記に見える神。賀茂健角身命かもたけつぬみのみことと伊古夜日売いかこやひめとの娘。丹塗矢にぬりやとなって通った火雷神ほのいかずちのかみとの間に、賀茂別雷命かもわけいかずちのみことを生んだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たまより‐ひめ【玉依姫】

(古く「たまよりびめ」とも。「たま」は、「より」は憑依する) 記紀神話で、海の神の娘。姉の豊玉姫が天孫彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)の子彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)を産み落として去った後、其の子を養育した。その後、育てた彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊と結婚して、神日本磐余彦尊(かむやまといわれびこのみこと)(=神武天皇)を含む四人の男子を産んだとされる。
※日本紀竟宴和歌‐延喜六年(906)「しらなみに多万余理毗咩(タマヨリヒメ)のこし事は渚やつひにとまりなりけむ〈大江千古〉」
[補注]この名は、この外にも記紀で高御産巣日神(たかみむすびのかみ)の娘万津幡豊秋津姫の子として、また「逸文山城風土記」所引賀茂神社の伝承に賀茂別雷命を丹塗矢で受胎した母として見え、元来は普通名詞的な巫女(みこ)の意であったか。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の玉依姫の言及

【処女懐胎】より

…このような処女懐胎の物語は,日本の説話伝承にもいくつか指摘することができる。たとえば,山城の賀茂では,上の社殿に水と関係の深い賀茂別雷(かもわけいかずち)命をまつり,下の社殿に,その母神玉依姫(たまよりひめ)をまつっているが,母神は,小川を流れ下る丹塗りの矢によって別雷命を生んだとされる。いわゆる〈丹塗り矢式〉の神婚説話として広く分布する伝承であるが,石田英一郎によると,こうした各地に流布する説話伝承の背後には,すでに消滅しかけた処女懐胎の古信仰があるという(《桃太郎の母》)。…

※「玉依姫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉依姫の関連情報