コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉依姫 タマヨリヒメ

7件 の用語解説(玉依姫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たまより‐ひめ【玉依姫】

《「たまよりびめ」とも》
神霊を宿す女性。巫女(みこ)などの称。

日本神話で、海の神の娘。鸕鷀草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)の妃となり、神日本磐余彦尊(かんやまといわれびこのみこと)(神武天皇)ら四子を産んだ。
賀茂伝説で、建角身命(たけつぬみのみこと)の娘。丹塗矢(にぬりや)(火雷神(ほのいかずちのかみ))と結婚し、別雷神(わけいかずちのかみ)を産んだ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

玉依姫【たまよりひめ】

記紀,風土記などにみえる女性の名。賀茂別雷(わけいかずち)神の母,海神の娘で豊玉姫の妹などがそれで,固有名詞ではなく,霊(たま)の憑(よ)りつく巫女をさす。
→関連項目ウガヤフキアエズノミコト竈門神社火雷神別雷神

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉依姫 たまよりひめ

記・紀にみえる女神。
豊玉姫の妹。彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と結婚した姉の生んだ鸕鷀草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)を養育し,のちその妃となり,神日本磐余彦尊(かむやまといわれびこのみこと)(神武天皇)ら男子4人を生む。「古事記」には玉依毘売とある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

玉依姫

『山城国風土記』逸文にみえる女神。神武天皇の先導をしたと伝える賀茂建角身命の娘。丹塗矢となって瀬見の小川を流れ下ってきた火雷神との間に,可茂別雷命(賀茂別雷命)を生む。玉は霊的な存在を表している。そして「依」とは憑依すること,寄りつくことを表す。世に巫女と呼ばれる女性がいて,その本来的な役目は神を迎えることであり,ときにその滞在の間,妻となって神の子を宿す役割を果たすことがある。この玉依姫の話はまさにそのような巫女のありようが神話的に構成されたものである。<参考文献>柳田国男「妹の力」(『柳田国男全集』11巻)

(神田典城)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たまよりひめ【玉依姫】

記紀,《風土記》に登場する女性の名。たとえば,毎夜訪れる見知らぬ若者(実は大物主(おおものぬし)神)によってみごもり,三輪氏の祖を生んだとされる女性,海神(わたつみ)の娘で,海幸山幸神話の主人公火遠理(ほおり)命の子の乳母でのちには妻となり,神武天皇を生んだとされる女性,丹塗矢(にぬりや)と化した火雷(ほのいかずち)神に感精して賀茂氏の祖神を生んだとされる女性などがタマヨリヒメとよばれている。物語の中では固有名詞のように扱われているが,むしろ普通名詞と考えたほうがよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たまよりびめ【玉依姫】

〔「たま」は「魂」の意。神霊を宿した巫女を一般的に称したものか〕
記紀神話で、綿津見神の次女。姉の豊玉姫命の子鸕鷀草葺不合尊うがやふきあえずのみことの妻として神武天皇などを生んだ。
風土記に見える神。賀茂健角身命かもたけつぬみのみことと伊古夜日売いかこやひめとの娘。丹塗矢にぬりやとなって通った火雷神ほのいかずちのかみとの間に、賀茂別雷命かもわけいかずちのみことを生んだ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉依姫
たまよりひめ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の玉依姫の言及

【処女懐胎】より

…このような処女懐胎の物語は,日本の説話伝承にもいくつか指摘することができる。たとえば,山城の賀茂では,上の社殿に水と関係の深い賀茂別雷(かもわけいかずち)命をまつり,下の社殿に,その母神玉依姫(たまよりひめ)をまつっているが,母神は,小川を流れ下る丹塗りの矢によって別雷命を生んだとされる。いわゆる〈丹塗り矢式〉の神婚説話として広く分布する伝承であるが,石田英一郎によると,こうした各地に流布する説話伝承の背後には,すでに消滅しかけた処女懐胎の古信仰があるという(《桃太郎の母》)。…

※「玉依姫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

玉依姫の関連キーワード出雲国風土記シェエラザード女二の宮古風土記播磨風土記肥前風土記常陸風土記豊後風土記嵐民弥紫上

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉依姫の関連情報