コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葦の根の アシノネノ

デジタル大辞泉の解説

あしのね‐の【×葦の根の】

[枕]
「ね」の音の繰り返しで「ねもころ」にかかる。
「―ねもころ思ひて」〈・一三二四〉
葦の根は埿(うき)の中にあり、節(よ)が短く、分かれる意から「うき」「よ」「短し」「分く」にかかる。
「―憂(う)き身のほどと知りぬれば」〈後拾遺・恋四〉
「―分けても人にあはむとぞ思ふ」〈後撰・恋二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あしのねの【葦の根の】

( 枕詞 )
「ね」の音を繰り返して、「ねもころ」にかかる。 「 -ねもころ思ひて/万葉集 1324
根に節のあることから、「夜」「世」などにかかる。 「 -夜の短くて/後撰 恋四
根が分かれていることから、「分けても」にかかる。 「 -分けても人に逢はむとぞ思ふ/後撰 恋二
根が埿うきの中にあることから、「憂き」にかかる。 「 -憂き身のほどと知りぬれば/後拾遺 恋四

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

葦の根のの関連キーワード這ひ渡るころ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android