コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葦の根の アシノネノ

デジタル大辞泉の解説

あしのね‐の【×葦の根の】

[枕]
「ね」の音の繰り返しで「ねもころ」にかかる。
「―ねもころ思ひて」〈・一三二四〉
葦の根は埿(うき)の中にあり、節(よ)が短く、分かれる意から「うき」「よ」「短し」「分く」にかかる。
「―憂(う)き身のほどと知りぬれば」〈後拾遺・恋四〉
「―分けても人にあはむとぞ思ふ」〈後撰・恋二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あしのねの【葦の根の】

( 枕詞 )
「ね」の音を繰り返して、「ねもころ」にかかる。 「 -ねもころ思ひて/万葉集 1324
根に節のあることから、「夜」「世」などにかかる。 「 -夜の短くて/後撰 恋四
根が分かれていることから、「分けても」にかかる。 「 -分けても人に逢はむとぞ思ふ/後撰 恋二
根が埿うきの中にあることから、「憂き」にかかる。 「 -憂き身のほどと知りぬれば/後拾遺 恋四

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

葦の根のの関連キーワード這ひ渡るころ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android