コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十六夜/猶予 イザヨイ

デジタル大辞泉の解説

いざよい〔いざよひ〕【十夜/猶予】

《動詞「いざよう」の連用形から。上代は「いさよい」》
(十六夜)
十六夜の月のこと。 秋》「―もまだ更科の郡(こほり)かな/芭蕉
㋑陰暦16日。また、その夜。
(猶予)進もうとして進まないこと。ためらい。躊躇(ちゅうちょ)。
「君や来む我や行かむの―に槙(まき)の板戸もささず寝にけり」〈古今・恋四〉
[補説]曲名別項。→十六夜

いざよい【十六夜】[歌舞伎舞踊]

歌舞伎舞踊清元。本名題「梅柳中宵月(うめやなぎなかもよいづき)」。河竹黙阿弥作詞、清元お葉作曲。安政6年(1859)江戸市村座初演。「小袖曽我薊色縫(こそでそがあざみのいろぬい)」の中で、十六夜・清心道行に用いた。

じゅうろく‐や〔ジフロク‐〕【十六夜】

陰暦8月16日の夜。また、その夜の月。いざよい既望(きぼう)。 秋》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いざよい【十六夜】

歌舞伎舞踊の一。清元。本名題「梅柳中宵月うめやなぎなかもよいづき」。河竹黙阿弥もくあみ作詞。1859年江戸市村座初演。「小袖曽我薊色縫こそでそがあざみのいろぬい」序幕の十六夜・清心の道行に用いた。

じゅうろくや【十六夜】

陰暦16日の夜。いざよい。既望きぼう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十六夜
いざよい

陰暦16日、またその夜をいい、十六夜の月の略称としても用いられる。古くは、「山の端(は)に不知夜歴(いさよふ)月を出でむかと待ちつつ居(を)るに夜そふけにける」(『万葉集』7、作者不詳)のように、「いさよひ」と澄んで読んだ。満月(十五夜)の翌晩の月は出がやや遅れぎみになるところから、いざよひ(停滞する)の名が出たというが、山の端に差し出ることをいうとの説もある。限定的には、とくに中秋の名月のあとの陰暦8月16日の月をいい、和歌や俳諧(はいかい)に多く詠まれている。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

十六夜/猶予の関連キーワード小袖曽我薊色縫・小袖曾我薊色縫立ち待ち月・立待ち月岩井半四郎(8世)小袖曽我薊色縫小袖曾我薊色縫十六夜薔薇片方・片片遣る方無いゆくりなし十六夜清心返す返す紀行文学四方の神二十六夜思ひ連ぬ藤原為家北条時隣打ち屈す六夜待ち阿仏尼

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android