蒲生和紙

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

蒲生和紙[紙工芸・和紙]
がもうわし

九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
姶良郡蒲生町で製作されている。江戸時代初期、蒲生地方では紙の原料である楮と清流に恵まれ良質の紙ができたことから藩専用の上納紙が漉かれていた。紙人形などの工芸品に使われる薄くきれいな紙は、千代紙と呼び、島津藩主の懐紙であった。現在も、伝統のある上質紙を漉き続けており、高級手漉き和紙としてその名が知られている。鹿児島県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android