蒲萄山地(読み)ぶどうさんち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒲萄山地
ぶどうさんち

新潟県北部、日本海岸沿い、三面(みおもて)川から勝木(がつぎ)川までの30キロメートルの間に広がる丘陵性の山地。山体は花崗岩(かこうがん)類からなる侵食丘陵で、西海岸は瀬波笹川(せなみささがわ)流れ粟島(あわしま)県立自然公園に指定され、断層海岸をなして日本海に突入、奇岩景観に富む笹川流れ(国の名勝・天然記念物)の景勝地をつくっている。内陸側は旧庄内(しょうない)通りで、現在は国道7号にかわり、海岸の浜通りはJR羽越(うえつ)本線がトンネルで通り、観光道路も並走している。最高峰の蒲萄山(795メートル)付近には蒲萄鉱山とよばれた亜鉛鉱山があったが、いまは廃鉱になっている。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android