コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断層海岸 だんそうかいがんfault coast

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断層海岸
だんそうかいがん
fault coast

断層によって海側が低くなり,海面下に没して形成された海岸線を伴う海岸。海岸線は直線状をなし,背後の斜面は急斜面であることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だんそう‐かいがん【断層海岸】

断層崖(だんそうがい)からなる海岸。直線状の切り立った急斜面をつくる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

断層海岸【だんそうかいがん】

断層崖が海に接している海岸。直線状の海岸線をなし,陸地側は急崖を形成,海底も沖へ急激に深くなる。敦賀(つるが)湾東岸のものは有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

だんそうかいがん【断層海岸】

断層崖から成る海岸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

断層海岸
だんそうかいがん

海岸線の元の地形が、断層運動によって形成されたものをいう。直線的で平滑な海岸線を示す急峻(きゅうしゅん)な海崖(かいがい)が続き、水深は著しく大きい。このような海岸には懸谷(けんこく)がみられ、滝がみられることもある。海崖は、本来断層崖であったものが、陸上侵食や海食を受け、若干修飾された地形を示すことが多い。しかし、海食の量はきわめてわずかであるから、海食台の発達は悪い。台湾の東海岸や、福井県の敦賀(つるが)湾東部海岸などは、断層海岸の模式的な事例として知られる。[豊島吉則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

断層海岸の関連キーワード大島(愛媛県、芸予諸島)越前加賀海岸国定公園大隅南部県立自然公園室戸阿南海岸国定公園小佐渡県立自然公園下北半島国定公園壱岐対馬国定公園南越前(町)一宮[町]河野[村]瀬戸[町]熊本(県)小佐渡丘陵大佐渡山地内海府海岸東浦[町]天津小湊十六島鼻蒲萄山地大隅半島

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

断層海岸の関連情報