コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒼き狼 あおきおおかみ

世界大百科事典内の蒼き狼の言及

【オグズ・ハーン伝説】より

…前者では,ノアの子でトルコ人の祖ヤペテの直系であるカラ・ハーンの子として生まれたオグズが,母・妻をイスラムに改宗させ,やがて異教徒である父をはじめとする一族に勝利して王権を握り,次いで日・月・星・空・山・海という名をもつ彼の6子がそれぞれ4人ずつの子をもうけ,これらの24子からオグズの24氏族が出現する過程が語られている。一方,後者では,アイ・カガンの子オグズの少・青年期と,天空からの一条の光の中から現れた娘との結婚,日・月・星と呼ばれる3子の誕生,さらに木の空洞に座した娘との第2の結婚と,空・山・海と呼ばれる3子の誕生,オグズのウイグルのカガン位への即位,ウルム・カガン,チュルチェト・カガンらに対する蒼き狼に先導されての出征と勝利,息子たちへの国土の分割などが語られている。オグズ族に属するセルジューク朝のイスラム世界への進出という歴史的状況をも背景に,オグズ族の擬人化としてのオグズ・ハーンがイスラム化したトルコ系諸民族の間に,徐々に理想的な君主の像として定着・普及していったものと思われる。…

※「蒼き狼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android