コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チンギスハン Chingis Khan

デジタル大辞泉の解説

チンギス‐ハン(Chingis Khan)

[1162?~1227]モンゴル帝国の創始者。在位1206~1227。廟号(びょうごう)は太祖。幼名、テムジン(鉄木真)。1206年、全モンゴルの部族を統一してチンギス=ハンの称号を得た。西夏などを討ち、さらに西アジアのホラズムを攻略して支配下に収め、南ロシアを含む大国家としたが、遠征中、陣中で病死。チングス=ハン。ジンギス=カン。
[補説]「吉思」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

チンギスハン【成吉思汗】

1167~1227) モンゴル帝国の創始者(在位1206~1227)。廟号は太祖。幼名、鉄木真テムジン。モンゴルを統一し、1206年ハンの位につく。氏族共同体を解体、ハンのもとに統轄された遊牧領主制を確立。西夏を服属させ、15年金に侵入。19年以降西征を行いホラズム・南ロシアを征服。のち西夏を再征したが、陝西省で病没。ジンギス汗かん。 〔「成吉思汗」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

チンギスハンの関連キーワードブルハン・ハルドゥン(不而罕哈勒敦)ホラズム・シャー朝チンギス・ハーンタイジ(台吉)フェルガナ盆地フビライ・ハン成吉思汗の秘密チンギス・ハン滝口 新太郎戸上 城太郎モンゴル相撲モンゴル文字花柳 寿太郎高木 彬光ジンギス汗猪狩 又蔵楳本 捨三川上 邦世石黒 達也高木彬光

チンギスハンの関連情報