蕃書和解御用掛(読み)ばんしょわげごようがかり

日本大百科全書(ニッポニカ)「蕃書和解御用掛」の解説

蕃書和解御用掛
ばんしょわげごようがかり

江戸幕府の翻訳機関。1811年(文化8)天文方(てんもんかた)に設置。高橋景保(かげやす)、馬場貞由(ていゆう)、大槻玄沢(おおつきげんたく)、青地林宗(りんそう)らがその中心。これを改組拡充したのが洋学所(のち蕃書調所(ばんしょしらべしょ))である。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android