薄様重(読み)うすようがさね

  • うすようがさね うすヤウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 色を濃淡に染めた薄い雁皮紙(がんぴし)を、各色いろいろに組み合わせ、組まれた色により四季の草花になぞらえて名前を付けたもの。たとえば、白と蘇芳(すおう)を梅重ね、青と白とを松重ねというなど。これを詠草や畳紙(たとう)に用いた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android