コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詠草 エイソウ

大辞林 第三版の解説

えいそう【詠草】

個人の和歌・家集の草稿。竪詠草・横詠草などの形式がある。歌稿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

詠草
えいそう

詠歌の草稿が原義で、中世以降竪(たて)詠草と横(よこ)詠草とがあった。公式歌会の歌稿には竪詠草が用いられ、懐紙または短冊(たんざく)に清書し詠進された。これが転じて、懐紙、短冊などに書かれたものが懐紙詠草、短冊詠草などとよばれるようになった。横詠草とは折紙(おりがみ)詠草のことで、添削を請う場合などに用いる。また、個人の歌の集成を『長秋詠藻』(藤原俊成(しゅんぜい))などと自称し、『菅家詠草』(菅原道真(すがわらのみちざね))などと後世通称した。[橋本不美男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android