コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薔花紅蓮伝 そうかこうれんでん

世界大百科事典 第2版の解説

そうかこうれんでん【薔花紅蓮伝】

朝鮮,李朝のハングル小説。作者,年代未詳。平安道鉄山に住む裴座首の娘薔花と紅蓮が継母張氏とその連れ子の虐待に耐えられず蓮池に身を投じ,のちに地方官の前に冤魂(えんこん)となって現れ怨みをはらした物語。孝宗時代(17世紀半ば)に鉄山で実際にあった事件を潤色したもので,李朝小説の多くは説話(歴史的事実)から小説化されるのが特色であるが,これもその一つである。継母型小説の代表的作品でもある。【大谷 森繁】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android