薩摩平太夫(読み)さつま へいだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薩摩平太夫 さつま-へいだゆう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
江戸外記(げき)座(薩摩座)の菓子売りから3代薩摩外記の門弟となる。享保(きょうほう)(1716-36)ごろ薩摩左内の脇語りをつとめ,天明(1781-89)のころ立(たて)語りとして森田座に出演した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android