コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩平太夫 さつま へいだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薩摩平太夫 さつま-へいだゆう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
江戸外記(げき)座(薩摩座)の菓子売りから3代薩摩外記の門弟となる。享保(きょうほう)(1716-36)ごろ薩摩左内の脇語りをつとめ,天明(1781-89)のころ立(たて)語りとして森田座に出演した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

薩摩平太夫の関連キーワード浄瑠璃

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android