コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩飛脚 サツマビキャク

大辞林 第三版の解説

さつまびきゃく【薩摩飛脚】

薩摩国に行く飛脚。
(江戸時代、薩摩藩は他国人の入国を厳戒し、入り込んだ者が多く生還しなかったことから)行ったきりで帰らないことをいう語。 「 -になる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

薩摩飛脚の関連キーワード沢村 国太郎山中貞雄伊藤大輔他国人入国

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薩摩飛脚の関連情報