藁苞(読み)ワラヅト

  • ×藁×苞

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 藁のつと。藁で編んだりたばねたりしたもので、中に物を入れるようにしたもの。また、そのつとで包んだみやげ物や贈り物。わらづつみ。つと。
※仮名草子・仁勢物語(1639‐40頃)上「わらづとなどに文やり、朔日・節句に通ひけり」
② 転じて、賄賂(わいろ)
※玉塵抄(1563)二一「人の礼などをうけてわらつとなどをとって家をけがさうずことではないぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の藁苞の言及

【包み】より

…〈包む〉という語は〈苞(つと)〉と語源を同じくするが,〈苞〉とはわらなどを束ねてその両端を縛り,中間部で物をくるむもの(藁苞(わらづと))であり,後には贈物や土産品の意味(家苞(いえづと))にも使われるようになった。また心理的方面においては〈包む〉は〈慎しむ〉に通じて〈隠す〉〈秘める〉〈はばかる〉といった意味合いを含み,ことに儀礼的局面におけるさまざまな〈包み〉の技法の心理的背景となってきた。…

※「藁苞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android