コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藁苞 ワラヅト

デジタル大辞泉の解説

わら‐づと【××苞】

わらを束ね、中へ物を包むようにしたもの。また、その苞で包んだ土産物・贈り物。「藁苞に入った納豆」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わらづと【藁苞】

藁を編み、物を包むようにしたもの。 「 -入りの納豆」
で包んだ土産物・贈り物。また、賄賂わいろ。 「そのお持ちやつた-は何ぢや/狂言・雁雁金」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の藁苞の言及

【包み】より

…〈包む〉という語は〈苞(つと)〉と語源を同じくするが,〈苞〉とはわらなどを束ねてその両端を縛り,中間部で物をくるむもの(藁苞(わらづと))であり,後には贈物や土産品の意味(家苞(いえづと))にも使われるようになった。また心理的方面においては〈包む〉は〈慎しむ〉に通じて〈隠す〉〈秘める〉〈はばかる〉といった意味合いを含み,ことに儀礼的局面におけるさまざまな〈包み〉の技法の心理的背景となってきた。…

※「藁苞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

藁苞の関連キーワード日本のおもな郷土料理キアンティ山脈御来迎(玩具)すぼきずし水戸(市)水戸納豆ツトムシ海鼠曳き建築儀礼犬供養虫送り生り節苞納豆玉味噌苞豆腐札差保原酢薑包み氏神

藁苞の関連情報