コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍晶石珪線石型変成相系列 らんしょうせきけいせんせきがたへんせいそうけいれつ kyanite-sillimanite type facies series

1件 の用語解説(藍晶石珪線石型変成相系列の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

藍晶石珪線石型変成相系列

この変成相系列は,スコットランドの南東グランピアン・ハイランド(Grampian Highlands)のダルラディアン(Dalradian)の岩石で,広域変成作用を基礎にしたバロウ型変成作用で知られている.この地域の泥質岩は,緑泥石,黒雲母,アルマンダイン石榴石,十字石,藍晶石,珪線石を各指標鉱物(index mineral)とした各帯が形成されている.藍晶石帯および珪線石帯にはミグマタイトが特徴的である.これらの岩石はブッフ型の変成作用と比較して,強い片理が特徴的で変成作用の間に応力が重要な働きをしたと考えられる[Barrow : 1893, 1912].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藍晶石珪線石型変成相系列の関連キーワードスコットランドヤード相系列変成相系列阿武隈型変成相系列空晶石珪線石型変成相系列高圧中間型変成相系列中間型変成相系列低圧中間型変成相系列バロウ型変成相系列スコットランド風

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone