コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍晶石 らんしょうせきcyanite; kyanite

4件 の用語解説(藍晶石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藍晶石
らんしょうせき
cyanite; kyanite

Al2SiO5 の組成をもつ白あるいは青の正ケイ酸塩鉱物。三斜晶系。紅柱石 (斜方晶系) ,ケイ線石 (斜方晶系) と同質多形。アルミニウム-酸素八面体が一つの稜を共有して鎖をつくり,鎖間はケイ素,アルミニウムなどによって結合されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らんしょう‐せき〔ランシヤウ‐〕【藍晶石】

アルミニウム珪酸塩(けいさんえん)鉱物。青灰色でガラス光沢があり、板状または四角柱状の結晶。三斜晶系。結晶面の方向により硬度が異なるので二硬石ともいう。紅柱石珪線石多形の関係にあり、高圧のもとでできた結晶片岩中に産する。カイヤナイト。カヤナイト

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

らんしょうせき【藍晶石】

アルミニウムのケイ酸塩鉱物の一。三斜晶系。板状または端の欠けた長柱状。青色で、ときに緑・灰白色、ガラス光沢がある。方向によって硬度が異なるので二硬石ともいう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藍晶石
らんしょうせき
kyanite

ネソ珪酸(けいさん)塩鉱物の一つ。板状あるいは四角柱状の結晶で、低温・高圧の条件でできた広域変成岩から石英、灰簾(かいれん)石、ソーダ雲母(うんも)などと産する。紅柱石および珪線(けいせん)石と同質異像。広域変成岩中の紅柱石結晶の芯(しん)の部分に藍晶石がみられることがある。これは、いったんできた藍晶石があとで低圧の変成作用を受けたとき、結晶の周囲から低圧で安定な紅柱石に転移してしまったからであり、十分に転移しきれないうちに反応が止まると藍晶石が芯のほうに残るのである。また、藍晶石はしばしば白雲母(しろうんも)に交代されていることもある。二方向に完全な劈開(へきかい)がほぼ直交するが、二つの劈開面上で硬度が著しく異なり、二硬石の異名をもつ。学名は青を意味するギリシア語に由来する。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

藍晶石の関連キーワードケイ(珪)線石紅柱石ラン(藍)晶石ケイ酸アルミニウム

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone