コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藐視 ビョウシ

デジタル大辞泉の解説

びょう‐し〔ベウ‐〕【×藐視】

[名](スル)みくびること。軽視。
「自らこれを―せざるを免れざるべし」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばくし【藐視】

( 名 ) スル
軽視すること。 「霞亭伝中-すべからざる事実である/北条霞亭 鷗外

びょうし【藐視】

( 名 ) スル
みくだすこと。軽視。 「商売の事は、平人に-せられたり/新聞雑誌 60

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藐視の関連キーワード二・二六事件/蹶起趣意書北条霞亭平人

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android