蔑視(読み)ベッシ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 さげすんでみること。軽んじあなどること。見くだすこと。
※語孟字義(1705)下「非異端之徒、蔑視人事、彼自彼、此自此、支離隔断、不上レ済用也」
※授業編(1783)一〇「今の人はこれを蔑視(ベッシ)すれども其の実大業なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蔑視の関連情報