藤原忠綱(読み)ふじわらの ただつな

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原忠綱

生年:生没年不詳
鎌倉前期の後鳥羽院近習。父は資綱。同院の北面(院に仕える)として仕え,建永1(1206)年には細工所別当となった。朝廷の造営事業を多く請け負うとともに,承久1(1219)年には源実朝暗殺後の対応を講じるため,鎌倉に派遣されて幕府との交渉に当たるなど,後鳥羽上皇の信任を得て多方面に活躍した。しかし,もともと低い家柄の出身でもあり,教養の点でも劣っていたため,一般の貴族からは疎んじられていたらしい。同年に,上皇によって一方的に解官され,すべての権益を失った。

(本郷恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android