コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北面 キタオモテ

デジタル大辞泉の解説

きた‐おもて【北面】

北に向いている方。北向き。また、その場所。
「宮より―、大きなる山のほとり」〈宇津保・吹上上〉
宮中や寝殿造りの家などで、北向きの部屋。また、客間に対して内輪の部屋。
「南の院の―にさしのぞきたれば」〈・二七八〉
院の御所を警固する武士詰め所。また、そこに詰める武士。面(ほくめん)の武士。ほくめん。
「西面、―の者ども」〈宇治拾遺・一二〉

ほく‐めん【北面】

[名](スル)
北に面すること。北向き。「湖に北面する山」
《昔の中国で、君主は南に、臣下は北に面して座ったところから》臣下または弟子の座。また、臣下として主君につかえること。
北面の武士の詰め所。
北面の武士」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きたおもて【北面】

北向き。北方。 「西の町は-築きわけて、御蔵町なり/源氏 乙女
北向きの部屋。 「この猫を-にもいださず思ひかしづく/更級」
北面ほくめんの武士のこと。 「西面にしおもて、-の者ども/宇治拾遺 12

ほくめん【北面】

( 名 ) スル
北方に面すること。 ↔ 南面
〔中国で、臣下は北に面して天子に対面することから〕 臣下として主君に仕えること。
「北面の武士」の略。また、北面の武士の伺候するところ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の北面の言及

【北】より

…史実をみても,日光東照宮は江戸から真北に当たる霊廟であり,〈北の政所(まんどころ)〉〈北の方(かた)〉〈北の対(たい)〉〈北の台(だい)〉などの尊称は貴人(大臣,大将,公卿など)の妻室の居所から出た呼び名であった。また,〈北面(きたおもて)〉とは,女性のいる勝手口(奥向き,ないしょの意もある)をさす。たとえば,《枕草子》に,宮仕えしている女房の局(つぼね)に通ってくる恋人の男がそこで食事するのははなはだみっともないと叙した文章の末尾に〈里などにて,北面よりいだしては,いかがはせん。…

【北面の武士】より

…北面とは,院の御所の北面を詰所として上皇の側近に仕え,身辺の警衛あるいは御幸に供奉(ぐぶ)した地下(じげ)の廷臣,衛府の官人らをいう。院司の一つで院の北面とも。…

※「北面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北面の関連キーワードメールドグラス氷河西面の武士袈裟御前北面武士院武者所院の西面院の北面朔平門不老門通度寺裏正面葛城山達智門安嘉門昭慶門右脇臥安喜門下北面上北面永福門

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北面の関連情報