藤原昭子(読み)ふじわらの しょうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原昭子 ふじわらの-しょうし

?-? 平安時代中期,後三条天皇の女御(にょうご)。
藤原頼宗の3女。母は藤原伊周(これちか)の娘。天皇の皇太子時代に宮にはいり,即位にともない延久元年(1069)女御となる。承香殿(じょうきょうでんの)女御,堀河女御とよばれた。名は「あきこ」ともよむ。

藤原昭子 ふじわらの-あきこ

ふじわらの-しょうし

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原昭子

生年:生没年不詳
平安時代後期の後三条天皇女御。「あきこ」とも。堀河女御。承香殿。藤原頼宗の娘。頼宗は最初,昭子を後冷泉天皇の後宮に入れようとしたが,兄頼通の娘寛子に先を越されたため断念した。治暦1(1065)年皇太弟尊仁親王(後三条天皇)への入内を計画中に頼宗は死亡するが,その遺志に基づき治暦2年昭子入内が実現した。しかし子に恵まれなかった。延久1(1069)年後三条即位にともない女御になる。同3年後三条天皇死亡により出家,堀河院で仏道に専念。

(京楽真帆子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤原昭子の関連情報