承香殿(読み)ショウキョウデン

  • しょうきょうでん ショウキャウ‥
  • しょうきょうでん〔シヨウキヤウ〕
  • そきょうでん
  • そきょうでん ソキャウ‥
  • そきょうでん〔ソキヤウ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

「しょうこうでん」とも読む。平安内裏(だいり)の殿舎の名。内裏中央仁寿殿(じじゅうでん)の北にある。檜皮葺(ひわだぶ)きで東西7間、南北2間の母屋(もや)の四面に廂(ひさし)がある南向きの建物。中央を通る馬道(めどう)で、東西に分けられる。北廂の東の片廂廊(かたびさしろう)には、天皇の書物などを管理する内御書所(うちのごしょどころ)があった。母屋は女御(にょうご)などの居所で、西廂では内親王の裳着(もぎ)の式が行われたこともある。庭には菊、梅などが植えられ、花の宴が催されたりした。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

平安京内裏の殿舎の一つ。内裏中央、仁寿殿の北、常寧殿の南にあった。女などが居住。しょうこうでん。そきょうでん。
※日本紀‐天慶三年(940)一〇月七日「於承香殿、有菊花宴
※枕(10C終)一四二「承香殿の前のほどに、笛吹き立て拍子うちて遊ぶを」
※宇津保(970‐999頃)国譲下「かくて、日の宮はそきゃう殿に、故大臣殿の昭陽殿〈略〉に住ませ給ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報