コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承香殿 ショウキョウデン

デジタル大辞泉の解説

しょうきょう‐でん〔シヨウキヤウ‐〕【承香殿】

平安京内裏十七殿の一。内裏中央、仁寿殿(じじゅうでん)の北にあり、内宴御遊などが行われた。しょうこうでん。そきょうでん。

そきょう‐でん〔ソキヤウ‐〕【承香殿】

しょうきょうでん(承香殿)」に同じ。
「女御更衣参り給へり。その夜は―の御とのゐなり」〈宇津保・蔵開中〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうきょうでん【承香殿】

平安京内裏だいりの殿舎の一。仁寿じじゆう殿の北、常寧殿の南にあり、内宴や御遊などが行われた。そきょうでん。しょうこうでん。 → 内裏

そきょうでん【承香殿】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

承香殿
しょうきょうでん

「しょうこうでん」とも読む。平安宮内裏(だいり)の殿舎の名。内裏中央仁寿殿(じじゅうでん)の北にある。檜皮葺(ひわだぶ)きで東西7間、南北2間の母屋(もや)の四面に廂(ひさし)がある南向きの建物。中央を通る馬道(めどう)で、東西に分けられる。北廂の東の片廂廊(かたびさしろう)には、天皇の書物などを管理する内御書所(うちのごしょどころ)があった。母屋は女御(にょうご)などの居所で、西廂では内親王の裳着(もぎ)の式が行われたこともある。庭には菊、梅などが植えられ、花の宴が催されたりした。[吉田早苗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

承香殿の関連キーワード三十六人家集承香殿俊子尊子内親王善子内親王藤原道子藤原能長藤原顕光藤原昭子藤原遵子藤原元子斎宮女御后町の廊内御書所和歌所源和子仁寿殿常寧殿滝口俊子

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android