コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原伊周 ふじわらのこれちか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原伊周
ふじわらのこれちか

[生]天延2(974).京都
[没]寛弘7(1010).1.28. 京都
平安時代中期の廷臣。父は道隆,母は高階貴子長徳1 (995) 年父の死後,内大臣であった伊周は関白の座を道兼,次いで道長と争って敗れた。また藤原為光の娘三君をめぐる誤解から花山法皇に矢を射かけ,大元帥法を修して一条天皇の母后詮子を呪詛したとの風説によって,長徳2 (996) 年大宰権師に左遷された。翌年,東三条院詮子の病による大赦で京都に召還され,のち儀同三司 (準大臣) の待遇を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐これちか〔ふぢはら‐〕【藤原伊周】

[974~1010]平安中期の公卿道隆の二男。父の死後、叔父の道兼道長権勢を争い、従者花山法皇に矢を射かけたことなどにより大宰権帥(だざいのごんのそち)に左遷。のち許されて帰京し、大臣に準じる地位を与えられ、世に儀同三司と称された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

藤原伊周【ふじわらのこれちか】

平安中期の高官。道隆(みちたか)の子。994年内大臣となったが,叔父道長との政争に敗れ,996年大宰権帥(だざいのごんのそち)に左遷された。翌年許され,内大臣に復した。
→関連項目花山天皇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原伊周 ふじわらの-これちか

974-1010 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
天延2年生まれ。藤原道隆の次男。母は高階貴子。正暦(しょうりゃく)2年(991)参議,5年内大臣にすすむ。父の没後,政権をめぐり叔父藤原道長と対立。長徳2年花山上皇に矢をはなったなどの罪で,大宰権帥(だざいのごんのそち)に左遷された。翌年召還され,のち正二位,准大臣。通称は儀同三司,帥内大臣。詩が「本朝麗藻」などにはいっている。寛弘(かんこう)7年1月28日死去。37歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原伊周

没年:寛弘7.1.28(1010.2.14)
生年:天延2(974)
平安中期の公卿。帥内大臣,儀同三司と称す。関白道隆の嫡男で母は高内侍こと高階貴子。18歳で参議,次いで中納言,正暦5(994)年21歳で内大臣となり,翌年に父の病を機に関白になるよう父子で画策したが失敗,病の間という条件で内覧になった。父の死後,叔父の藤原道長と政権の座を争って敗れ,会議の席で道長と激しく口論したり,従者同士が争うなどしたが,長徳2(996)年,23歳のとき女性問題から花山上皇を威嚇したこと,東三条院詮子を呪詛したことなどで大宰府(太宰府市)に左遷。翌年の大赦で帰京し,本位に復したが,二度と権力の座につくことはなかった。『大鏡』にはある人相見から「雷の相」,つまり一時は権勢を持つが最後まで成しとげることがないといわれた話や,若いときの道長と弓射を競い道長はすべて的を射たが,伊周は外した,といったエピソードを伝える。漢詩の才能があり,高貴な容貌の持ち主で,対面した清少納言の当惑ぶりが『枕草子』にみえる。歌集に『儀同三司集』がある。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのこれちか【藤原伊周】

974‐1010(天延2‐寛弘7)
平安中期の公卿。関白道隆の次男。母は高階貴子。皇后定子の兄。985年(寛和1)叙爵以後急速に昇進,994年(正暦5)内大臣となる。翌年父関白没,後継を期したが成らず,叔父道長が政権を握った。996年(長徳2)弟隆家とともに花山法皇に矢を射かけるという事件を起こし,大宰権帥の名で配流。翌年入京をゆるされて,のち朝参にあずかり,准大臣の待遇をうけ儀同三司と号した。才学に富み,優れた詩作をのこしている。【黒板 伸夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふじわらのこれちか【藤原伊周】

974~1010) 平安中期の廷臣。道隆の子。内大臣。関白を争い叔父道兼・道長と対立、花山法皇に矢を射かけ、大宰権帥だざいのごんのそつに左遷された。翌年許され儀同三司の待遇を得たが、道長に抗し得ず失意のうちに没した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原伊周
ふじわらのこれちか
(974―1010)

平安中期の公卿(くぎょう)。道隆(みちたか)の二男。母は高階成忠(たかしなのなりただ)の女(むすめ)貴子。994年(正暦5)内大臣、翌995年(長徳1)内覧宣旨を受けた。道隆の死後、次の政権の地位をめぐり叔父道兼(みちかね)・道長と争うこととなり、伊周としては内覧宣旨は父道隆の病の間という条件付きであったことも問題とせず、自分に内覧または摂政(せっしょう)が下るものと考えていたようである。だが、道兼に関白は下り、その後、7日関白で道兼が死ぬと道長に内覧宣旨が下り、伊周の嘆きは大きかった。翌年、為光(ためみつ)の女をめぐっての恋愛事件によって花山(かざん)法皇を誤解し、伊周・隆家の従者が花山法皇におどしの矢を射たことをはじめとして、臣下の行うべからざる大元帥法(だいげんのほう)を修しているということ、および東三条院詮子(せんし)を呪詛(じゅそ)しているとの噂(うわさ)がたち、996年(長徳2)大宰権帥(だざいのごんのそち)に左遷されたが、翌年召還された。1008年(寛弘5)大臣に準じて封1000戸を与えられ、儀同三司とよばれた。『栄花物語』で、伊周の召還の原因を一条(いちじょう)天皇の第一皇子敦康(あつやす)親王(母は伊周の妹定子(ていし))の誕生のためとしているのは誤りである。伊周は敦康親王の立太子に望みをかけていたが、道長の女中宮彰子(しょうし)の子敦成(あつひら)親王の出生によって希望は絶たれ、道長の勢力の拡大によって中関白家は没落した。政治家としてはさえない人物であったが、文才があり、『大鏡』に「御ざえ日本には余らせたまへる」とみえる。寛弘(かんこう)7年正月29日薨(こう)じた。[山中 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

藤原伊周の関連キーワード源頼光(みなもとのよりみつ)平安時代(年表)藤原延子(2)儀同三司母藤原延子藤原隆家藤原能長藤原公季上東門院藤原俊家惟宗允亮藤原道雅藤原昭子高階信順葛山氏禅定寺源重光大宰帥

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android