コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原為憲 ふじわらの ためのり

1件 の用語解説(藤原為憲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原為憲 ふじわらの-ためのり

?-? 平安時代中期の官吏。
藤原維幾(これちか)の子。母は平高望(たかもち)の娘。常陸介(ひたちのすけ)となった父とともに赴任。平将門(まさかど)の乱に際し,天慶(てんぎょう)3年(940)平貞盛,藤原秀郷(ひでさと)らと将門を追討した。木工助(もくのすけ)に任じられて工藤と号し,工藤氏の祖となる。通称は工藤大夫

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の藤原為憲の言及

【工藤氏】より

…藤原南家の流れをくむ為憲が木工助となり,木工助の〈工〉と藤原氏の〈藤〉をとって工藤大夫と称したのに始まる。一族に伊東,河津,狩野,宇佐美,曾我,二階堂などがある。為憲が遠江権守であったのをはじめ,その子孫は遠江,駿河,伊豆等の国衙の在庁官人となって各地に勢力を扶植した。伊豆国久須美荘の開発領主といわれる工藤祐隆も,伊豆にあって工藤介を称した一族の出身であるが,彼は後継者にめぐまれなかったため,その所領を後妻の娘との間に生まれた子で養子の祐継と早世した嫡子祐家の子祐親とに分与した。…

※「藤原為憲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone