コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工藤氏 くどううじ

1件 の用語解説(工藤氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くどううじ【工藤氏】

藤原南家の流れをくむ為憲が木工助となり,木工助の〈工〉と藤原氏の〈藤〉をとって工藤大夫と称したのに始まる。一族に伊東,河津,狩野,宇佐美,曾我,二階堂などがある。為憲が遠江権守であったのをはじめ,その子孫は遠江,駿河,伊豆等の国衙の在庁官人となって各地に勢力を扶植した。伊豆国久須美荘開発領主といわれる工藤祐隆も,伊豆にあって工藤介を称した一族の出身であるが,彼は後継者にめぐまれなかったため,その所領を後妻の娘との間に生まれた子で養子の祐継と早世した嫡子祐家の子祐親とに分与した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の工藤氏の言及

【曾我兄弟】より

…兄を曾我十郎祐成(すけなり)(幼名一万,1172‐93),弟を五郎時致(ときむね)(幼名箱(筥)王,1174‐93)という。平将門の乱のときの常陸国司藤原惟幾の子孫を称する工藤氏の人。伊豆の国衙有力官人として伊豆半島海岸一帯に勢力をはった有力武士団工藤氏のなかで,伊東祐親(兄弟の祖父),河津祐通(泰)(兄弟の父)父子と工藤祐経(すけつね)との間で所領相論がおこり,1176年(安元2)祐通が祐経の従者によって殺害された。…

※「工藤氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

工藤氏の関連キーワード獅子物南家越後流勅筆流流れを汲む一河の流れを汲むも他生の縁桃家兼国(1)土子泥之助藤原為憲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

工藤氏の関連情報