将門(読み)まさかど

  • (通称)
  • しょうもん
  • しょうもん シャウ‥
  • しょうもん〔シヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌舞伎舞踊曲。常磐津。本名題忍夜恋曲者 (しのびよるこいはくせもの) 』。山東京伝作『善知鳥 (うとう) 安方忠義伝』によって宝田寿助が脚色,5世岸沢式佐作曲。天保7 (1836) 年7月市村座で『世善鳥相馬旧殿 (よにうとうそうまのふるごしょ) 』の1番目大切として初演謀反を企てた平将門の娘滝夜叉姫が遊女如月に変装し,詮議のため忍び込んだ大宅太郎光圀を色仕掛けで味方に引入れようとするが,光圀に見破られて2人の立回りとなる筋。如月クドキ,光圀の語り,郭噺,手踊り,屋台崩しと,さまざまな見どころが盛込まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

常磐津節の曲名。本名題《忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)》。5世岸沢式佐作曲。1836年初演。平将門の娘が遊女になりすまし,将門の残党を捜しにきた大宅(おおや)太郎光圀に忍び寄り色仕掛で味方にしようとするが,見破られて失敗する話。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

歌舞伎舞踊。常磐津。通称《滝夜叉》とも。本名題《忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)》,のちに《忍夜孝事寄(しのびよるこうのことよせ)》とも。1836年(天保7)7月江戸市村座一番目狂言《世善知鳥相馬旧殿(よにうとうそうまのふるごしよ)》の六建目大詰に初演。作詞宝田寿助,作曲5世岸沢式佐,振付4世西川扇蔵。傾城如月(きさらぎ)実は平将門の娘滝夜叉姫を市川九蔵,源頼信の臣大宅太郎光圀を12世市村羽左衛門が演じた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

大将の家柄。
○たいらの将門のこと。
歌舞伎舞踊「忍夜恋曲者しのびよるこいはくせもの」の通称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 大将の家柄。将軍となる家柄。
※翰林葫蘆集(1518頃)一四・鹿苑院殿百年忌陞座・散説「公自生于将門、至昇子太政大臣之位
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉四「其述ぶる処は、多く戦乱の有様、若しくは帝統将門の確執等を記するに止まる」 〔史記‐孟嘗君伝〕
[一] 歌舞伎所作事。常磐津。宝田寿助作詞。五世岸沢式佐作曲。二世藤間勘十郎・四世西川扇蔵振付。本名題「忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)」。天保七年(一八三六)江戸市村座の「世善鳥相馬旧殿(よにうとうそうまのふるごしょ)」の一番目大詰で初演。平将門の旧居の古御所で、将門の娘滝夜叉(たきやしゃ)が遊女に化け大宅太郎光圀を色仕掛けで味方にしようとするが見破られ、妖術で闘う。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

将門の関連情報