コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

将門 まさかど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

将門
まさかど

歌舞伎舞踊曲。常磐津。本名題『忍夜恋曲者 (しのびよるこいはくせもの) 』。山東京伝作『善知鳥 (うとう) 安方忠義伝』によって宝田寿助が脚色,5世岸沢式佐作曲。天保7 (1836) 年7月市村座で『世善鳥相馬旧殿 (よにうとうそうまのふるごしょ) 』の1番目大切として初演。謀反を企てた平将門の娘滝夜叉姫が遊女如月に変装し,詮議のため忍び込んだ大宅太郎光圀を色仕掛けで味方に引入れようとするが,光圀に見破られて2人の立回りとなる筋。如月のクドキ,光圀の語り,郭噺,手踊り屋台崩しと,さまざまな見どころが盛込まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

将門【まさかど】

常磐津節の曲名。本名題《忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)》。5世岸沢式佐作曲。1836年初演。平将門の娘が遊女になりすまし,将門の残党を捜しにきた大宅(おおや)太郎光圀に忍び寄り色仕掛で味方にしようとするが,見破られて失敗する話。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

将門

古典落語の演目のひとつ。芝居ばなし。「追いだき」の別題。平将門が討たれた故事に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まさかど【将門】

歌舞伎舞踊。常磐津。通称《滝夜叉》とも。本名題《忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)》,のちに《忍夜孝事寄(しのびよるこうのことよせ)》とも。1836年(天保7)7月江戸市村座一番目狂言《世善知鳥相馬旧殿(よにうとうそうまのふるごしよ)》の六建目大詰に初演。作詞宝田寿助,作曲5世岸沢式佐,振付4世西川扇蔵。傾城如月(きさらぎ)実は平将門の娘滝夜叉姫を市川九蔵,源頼信の臣大宅太郎光圀を12世市村羽左衛門が演じた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうもん【将門】

大将の家柄。

まさかど【将門】

○たいらの将門のこと。
歌舞伎舞踊「忍夜恋曲者しのびよるこいはくせもの」の通称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

将門
まさかど

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

将門の関連キーワード坂東市いわい将門ハーフマラソン奥秩父オートキャンプ場鈴加園将門記(しょうもんき)将門記(まさかどき)千葉県佐倉市大佐倉承平・天慶の乱歌舞伎舞踊梶原 正昭平将門の乱古典落語陸奥話記藤原純友常磐津節神田神社藤原秀郷國王神社梶原正昭坂東市坂迎え平将平

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

将門の関連情報