コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原秀郷 ふじわらのひでさと

8件 の用語解説(藤原秀郷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原秀郷
ふじわらのひでさと

平安時代中期の下野の豪族。俵藤太と呼ばれる。藤原北家魚名の子孫。父は下野大掾村雄。母は下野掾鹿島の娘。延喜 16 (916) 年罪により一族 18人とともに配流されたが,のち赦免されて下野掾,同国押領使となり,六位に叙せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐ひでさと〔ふぢはら‐〕【藤原秀郷】

平安中期の東国の武将。俗称、俵藤太(たわらとうた)。平将門の乱を平貞盛とともに平定し、下野守・武蔵守となる。小山・結城氏などはその子孫。百足(むかで)退治の伝説でも知られる。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤原秀郷【ふじわらのひでさと】

平安中期の東国豪族,下野守(しもつけのかみ)。生没年不詳。下野押領使(おうりょうし)となって勢力を張り,天慶(てんぎょう)の乱には平貞盛とともに平将門(まさかど)を倒し,子孫は東国に広がった。
→関連項目奥州藤原氏鬼貫西行承平・天慶の乱将門記平貞盛結城氏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原秀郷 ふじわらの-ひでさと

?-? 平安時代中期の武人。
北家藤原魚名の子孫で,下野(しもつけ)(栃木県)の豪族。平将門(まさかど)の乱に際し下野押領使(おうりょうし)に任じられ,天慶(てんぎょう)3年(940)平貞盛(さだもり)とともに将門を追討。功により下野,武蔵(むさし)の国守となり,東国に勢力をひろげた。奥州藤原氏,小山氏,結城(ゆうき)氏らの祖とされる。武勇にすぐれ,大ムカデ退治などの説話で有名。通称は俵藤太(たわらの-とうた)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原秀郷

生年:生没年不詳
平安中期の東国の武将。下野守の村雄と鹿島氏の娘の子。相模国田原を領有したことから俵藤太と呼ばれる。代々下野国(栃木県)に勢力を扶植し,延喜16(916)年には一族と共に罪を得て流されたこともあるが,のちに下野国の押領使に任じられた。平将門の乱では将門から助力を求められたが,その軽率な態度をみて応じず,平貞盛に味方して,天慶3(940)年将門を討った。その功で従四位下を与えられ,下野・武蔵守などを歴任し,東国に地盤を固めた。将門の乱での活躍は『将門記』『今昔物語集』などにみえるが,その勇猛ぶりは室町時代『御伽草子』に取り上げられ,『俵藤太物語』として実を結ぶ。大蛇に化けた竜宮の女房に頼まれて近江国(滋賀県)の三上山のムカデを退治し,褒美に竜宮から三井寺の名鐘をもらったという。佐野市の唐沢山神社に祭られている。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのひでさと【藤原秀郷】

平安中期の関東の武将。生没年不詳。父は下野大掾村雄,母は下野掾鹿島氏の娘という。下野の土豪として勢力を振るい,916年(延喜16)に一族17人とともに配流,その後も濫行(らんぎよう)があって糺勘(きゆうかん)された。平将門の乱が起こると,940年(天慶3)2月に下野掾,押領使として下総に出陣,将門を討った功により従四位下下野守などに任じられ,源経基,平貞盛らとともに軍事貴族として中央に進出する道をひらいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじわらのひでさと【藤原秀郷】

平安中期の鎮守府将軍。俗称、俵藤太。下野押領使として平将門の乱を鎮圧、その功によって下野守となった。東国武士の小山・結城・下河辺氏の祖。近江三上山のムカデ退治の伝説がある。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原秀郷
ふじわらのひでさと

生没年不詳。平安中期の関東の豪族。父は魚名(うおな)流藤原氏の系譜を引く下野大掾村雄(しもつけだいじょうむらお)、母は下野掾鹿嶋(かしま)の女(むすめ)と伝える。下野(栃木県)の土豪として勢いを振るい、916年(延喜16)に一族17人とともに配流、その後も乱行があって糺勘(きゅうかん)されている。軍略に優れ、平将門(まさかど)の乱が起こると、940年(天慶3)2月、下野掾・押領使(おうりょうし)として平貞盛(さだもり)らと下総(しもうさ)北部(茨城県)に出陣。将門を討った功により従(じゅ)四位下、下野守(かみ)・武蔵守などに任じられ、源経基(つねもと)、平貞盛らとともに軍事貴族として中央進出の道を開いた。子千晴(ちはる)が安和(あんな)の変(969)に坐(ざ)して中央政界からは後退するが、子孫は北関東・奥羽の各地に広まり、小山(おやま)、結城(ゆうき)、下河辺(しもこうべ)、足利(あしかが)、亘理(わたり)などの各氏として発展する。琵琶(びわ)湖の竜女の願いにより三上(みかみ)山のむかでを退治した説話は『俵藤太(たわらとうだ)物語』などで有名であり、のち文学・演劇の主人公として広く親しまれる。[福田豊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤原秀郷の言及

【平将門の乱】より

…ともあれ東西の兵乱という危機に直面した政府は,純友を従五位下に叙してその懐柔をはかるとともに,地方の領主たちに恩賞を約束して追討への参加を訴える官符を発した(《本朝文粋》所収)。また貞盛や良兼の子の公雅,公連など将門と対立していた平氏一族をはじめ,従来しばしば追討の対象としてきた藤原秀郷らの群党的領主たちを押領使(追捕凶賊使)などとして登用し,940年2月初旬には,藤原忠文を征東大将軍に,藤原忠舒,源経基らを副将軍に任命して出征させた。しかし将門は,征東軍の関東到着以前の2月14日に,下野の藤原秀郷と貞盛,為憲らの軍に攻められ,下総猿島郡で討たれた。…

※「藤原秀郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原秀郷の関連キーワード東常緑平国香平貞盛扶桑集野守野守の鏡碓井貞光野守の池伴河男県下野守

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原秀郷の関連情報