平貞盛(読み)タイラノサダモリ

デジタル大辞泉 「平貞盛」の意味・読み・例文・類語

たいら‐の‐さだもり〔たひら‐〕【平貞盛】

平安中期の武将国香の子。父の死後藤原秀郷ふじわらのひでさとと力を合わせて、父を殺した平将門たいらのまさかど下総しもうさ猿島さしまに討った。のち、鎮守府将軍生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「平貞盛」の意味・読み・例文・類語

たいら‐の‐さだもり【平貞盛】

  1. 平安中期の武将。父国香が将門と争って殺されると、京都から関東に下り、藤原秀郷と協力して将門を討った。平将軍と称される。子孫に忠盛、清盛らがいる。生没年不詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「平貞盛」の意味・わかりやすい解説

平貞盛 (たいらのさだもり)

平安時代中期の武将。生没年不詳。桓武平氏高望王の孫で,平国香の長子。935年(承平5)左馬允として在京中,父国香が平将門によって殺されたことを知り常陸に下った。はじめ仇敵将門に宥和的姿勢を示したが,叔父良兼に誘われて将門追討軍に加わった。しかし都での出世を願い,938年(天慶1)東山道を上京。途中信濃で将門の追撃をうけたが,からくも逃れて,朝廷に将門追討の官符発給を愁訴した。翌939年将門追討の官符をたずさえて坂東に下ったが,将門の威勢のもとでなすすべもなかった。この間,父国香が帯していた常陸掾に任じている。940年下野押領使藤原秀郷と盟約をむすび,ついに将門をその本拠に滅ぼした。この功により従五位上に叙せられ,また鎮守府将軍,陸奥守を歴任し,従四位下にまで進んだ。平清盛らの祖である。
平将門の乱
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「平貞盛」の意味・わかりやすい解説

平貞盛【たいらのさだもり】

平安中期の武将。生没年不詳。平国香(くにか)の子。940年,藤原秀郷(ひでさと)の協力で父を殺した平将門(まさかど)を追討。その功により鎮守府将軍・陸奥(むつ)守などを歴任。武者としては最高の従四位下に叙せられ,京都での平氏発展の基礎を築く。平清盛らの祖。→承平・天慶の乱

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「平貞盛」の意味・わかりやすい解説

平貞盛
たいらのさだもり

生没年不詳。平安中期の武将。平国香(くにか)の子。平将門(まさかど)挙兵当時は京官(きょうかん)(左馬允(さまのじょう))であったという(将門記(しょうもんき))が、生涯の任官歴は多彩である。父国香死去後、平氏棟梁(とうりょう)として将門との対戦を余儀なくされるが、その態度は消極的であった。しかし、940年(天慶3)に至り、下野(しもつけ)国押領使(おうりょうし)藤原秀郷(ひでさと)とともに将門を討ち、その功により正五位上右馬介(うまのすけ)に叙せられた。また、鎮守府将軍、陸奥守(むつのかみ)などを歴任したともいう。貞盛の経歴は『今昔(こんじゃく)物語』にもみえ、その映像はけっして『将門記』の枠内にとどまらない。子息らのうち、維将(これまさ)流が北条氏、維衡(これひら)流が伊勢(いせ)平氏として展開を遂げていることからも、貞盛の広範な行動が再評価されてよい。さらに、甥(おい)維幹(これもと)が常陸(ひたち)平氏本宗(ほんそう)を継いだ所伝も、貞盛のかかる履歴と無関係ではない。

[糸賀茂男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典 「平貞盛」の解説

平貞盛

生年:生没年不詳
平安中期の東国の武将。父は高望王の子国香。京において右馬允として出仕していたが,承平5(935)年,父が従兄弟の将門に殺されたことで常陸国(茨城県)に帰った。はじめ将門には宥和策をとったが失敗し,叔父の良兼と組んで将門と戦い敗れた。京へ戻ってこれを朝廷に訴えたが,容易に追討の官符が出なかったので,態勢を整えて下向し,ふたたび将門と戦った。一時的に苦戦を強いられたが,天慶3(940)年に下野国(栃木県)の豪族藤原秀郷を味方につけたことで,征東大将軍率いる追討軍の到着を待たずに将門を滅ぼすことができた。その功により従五位下を与えられ,のちに鎮守府将軍,陸奥守になった。

(朧谷寿)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「平貞盛」の意味・わかりやすい解説

平貞盛
たいらのさだもり

平安時代中期の武将。父は桓武天皇の皇子葛原親王の孫にあたる常陸大掾鎮守府将軍国香。左馬允として上京中,父が甥の将門に殺されたので帰国。叔父の良兼とともに将門を討とうとしたが,逆に打ち破られ,天慶1 (938) 年上京。次いで征夷大将軍藤原忠文のもとで藤原秀郷とともに将門追討に活躍。同3年下総国幸島 (茨城県猿島郡) の北山で将門を誅した。その功により右馬介,鎮守府将軍,従五位上となり,さらに陸奥守従四位下に昇進。世に平将軍と称された。 (→承平・天慶の乱 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「平貞盛」の解説

平貞盛
たいらのさだもり

生没年不詳。平安中期の武将。平氏繁栄の基礎を築く。伊勢平氏の祖。国香(くにか)の子。常平太・平将軍と称する。在京中の935年(承平5)父が平将門(まさかど)に殺害されたことを知り,常陸に帰国。叔父良兼らとともに従弟の将門と戦って失敗したが,940年(天慶3)藤原秀郷(ひでさと)と結んで将門を滅ぼした。この功により従五位上となり,右馬助に任じられた。鎮守府将軍・陸奥守を歴任,従四位下を極位とした。「今昔物語集」などに逸話が残る。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「平貞盛」の解説

平貞盛 たいらの-さだもり

?-? 平安時代中期の武人。
平国香の子。承平(じょうへい)5年(935)父が平将門(まさかど)に殺されたため,常陸掾(ひたちのじょう)となる。天慶(てんぎょう)3年藤原秀郷らと将門を敗死させた。のち鎮守府将軍,丹波守(かみ),陸奥(むつの)守などを歴任。伊勢(いせ)平氏や伊豆(いず)北条氏の祖。字(あざな)は平太。通称は常平太,平将軍。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版 「平貞盛」の解説

平貞盛
たいらのさだもり

生没年不詳
平安前期の武将
国香の子。鎮守府将軍,陸奥守。父が平将門 (まさかど) に殺されたとき京都にいたが,直ちに関東に下って藤原秀郷 (ひでさと) と協力して,940(天慶3)年将門を滅ぼした。子孫に忠盛・清盛らがあって繁栄した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android