コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平貞盛 たいらのさだもり

8件 の用語解説(平貞盛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平貞盛
たいらのさだもり

平安時代中期の武将。父は桓武天皇の皇子葛原親王の孫にあたる常陸大掾鎮守府将軍国香。左馬允として上京中,父が甥の将門に殺されたので帰国。叔父の良兼とともに将門を討とうとしたが,逆に打ち破られ,天慶1 (938) 年上京。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいら‐の‐さだもり〔たひら‐〕【平貞盛】

平安中期の武将。国香の子。父の死後、藤原秀郷(ふじわらのひでさと)と力を合わせて、父を殺した平将門(たいらのまさかど)下総(しもうさ)の猿島(さしま)に討った。のち、鎮守府将軍。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平貞盛【たいらのさだもり】

平安中期の武将。生没年不詳。平国香(くにか)の子。940年,藤原秀郷(ひでさと)の協力で父を殺した平将門(まさかど)を追討。その功により鎮守府将軍・陸奥(むつ)守などを歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平貞盛 たいらの-さだもり

?-? 平安時代中期の武人。
平国香の子。承平(じょうへい)5年(935)父が平将門(まさかど)に殺されたため,常陸掾(ひたちのじょう)となる。天慶(てんぎょう)3年藤原秀郷らと将門を敗死させた。のち鎮守府将軍,丹波守(かみ),陸奥(むつの)守などを歴任。伊勢(いせ)平氏や伊豆(いず)北条氏の祖。字(あざな)は平太。通称は常平太,平将軍。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平貞盛

生年:生没年不詳
平安中期の東国の武将。父は高望王の子国香。京において右馬允として出仕していたが,承平5(935)年,父が従兄弟の将門に殺されたことで常陸国(茨城県)に帰った。はじめ将門には宥和策をとったが失敗し,叔父の良兼と組んで将門と戦い敗れた。京へ戻ってこれを朝廷に訴えたが,容易に追討の官符が出なかったので,態勢を整えて下向し,ふたたび将門と戦った。一時的に苦戦を強いられたが,天慶3(940)年に下野国(栃木県)の豪族藤原秀郷を味方につけたことで,征東大将軍率いる追討軍の到着を待たずに将門を滅ぼすことができた。その功により従五位下を与えられ,のちに鎮守府将軍,陸奥守になった。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいらのさだもり【平貞盛】

平安時代中期の武将。生没年不詳。桓武平氏高望王の孫で,平国香の長子。935年(承平5)左馬允として在京中,父国香が平将門によって殺されたことを知り常陸に下った。はじめ仇敵将門に宥和的姿勢を示したが,叔父良兼に誘われて将門追討軍に加わった。しかし都での出世を願い,938年(天慶1)東山道を上京。途中信濃で将門の追撃をうけたが,からくも逃れて,朝廷に将門追討の官符発給を愁訴した。翌939年将門追討の官符をたずさえて坂東に下ったが,将門の威勢のもとでなすすべもなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいらのさだもり【平貞盛】

平安中期の武将。国香の子。父が平将門に殺され、940年藤原秀郷ひでさとの協力を得て、将門を討った。鎮守府将軍・陸奥守を歴任。平維衡の父で、清盛の遠祖。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平貞盛
たいらのさだもり

生没年不詳。平安中期の武将。平国香(くにか)の子。平将門(まさかど)挙兵当時は京官(きょうかん)(左馬允(さまのじょう))であったという(将門記(しょうもんき))が、生涯の任官歴は多彩である。父国香死去後、平氏棟梁(とうりょう)として将門との対戦を余儀なくされるが、その態度は消極的であった。しかし、940年(天慶3)に至り、下野(しもつけ)国押領使(おうりょうし)藤原秀郷(ひでさと)とともに将門を討ち、その功により正五位上右馬介(うまのすけ)に叙せられた。また、鎮守府将軍、陸奥守(むつのかみ)などを歴任したともいう。貞盛の経歴は『今昔(こんじゃく)物語』にもみえ、その映像はけっして『将門記』の枠内にとどまらない。子息らのうち、維将(これまさ)流が北条氏、維衡(これひら)流が伊勢(いせ)平氏として展開を遂げていることからも、貞盛の広範な行動が再評価されてよい。さらに、甥(おい)維幹(これもと)が常陸(ひたち)平氏本宗(ほんそう)を継いだ所伝も、貞盛のかかる履歴と無関係ではない。[糸賀茂男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平貞盛の関連キーワード桓武平氏平国香平良兼高望王扶桑集碓井貞光平良文忠望王雅望王三浦義継

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone