コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原秋常 ふじわらの あきつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原秋常 ふじわらの-あきつね

?-? 平安時代前期の官吏。
南家藤原雄友(おとも)の子。天長10年(833)従五位下。少納言となったが,承和(じょうわ)の変に恒貞(つねさだ)親王の近侍として連座し,石見権守(いわみのごんのかみ)に左遷された。承和12年ゆるされて京にもどり,嘉祥(かしょう)4年(851)因幡守(いなばのかみ)となる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原秋常の関連キーワード官吏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android