コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原能盛 ふじわらの よしもり

3件 の用語解説(藤原能盛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原能盛 ふじわらの-よしもり

?-? 平安時代後期の官吏。
大和守(やまとのかみ)藤原盛景の子。後白河院の北面に近侍し,左衛門尉(じょう),出雲(いずもの)守,周防(すおうの)守となる。治承(じしょう)3年(1179)平清盛クーデターで解任されたが,その後も院領支配に関与した。「一品経和歌懐紙」の歌人のひとり

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原能盛

生年:生没年不詳
平安末期の武官。出自不明。保元1(1156)年少監物,壱岐守,安芸守と進む。所領は持たず,国守・預所の得分によって財物を得,致富を行う都の下級貴族である。平清盛家司となり家政,特に財政面を担当し実務官僚として辣腕を振るった大宰大弐となった平清盛目代として大宰府領の支配を強化し,保元3(1158)年の宇佐神宮式年造営を終えるなど,平家の鎮西支配に尽力。家司としては摂津国八田部郡(兵庫県)の一郡検注(土地調査)を強行し,「能盛図帳」を作り平家一郡の知行とした。清盛の娘平盛子の家司も兼ね,その所領の預所となり,摂関家との交渉役を軸に,平家の摂関家領支配の実務を担当した。また能書の人としてその評価は高い。<参考文献>正木喜三郎『大宰府領の研究』,小松茂美編『日本書蹟大鑑』3巻

(正木喜三郎)

藤原能盛

生年:生没年不詳
平安末期の下級貴族。藤原良門の子孫。白河院北面武士藤原盛重の孫。能盛も後白河院北面に近侍。弟兼盛は白河殿(平盛子)領倉預であったが,治承3(1179)年盛子が没すると,これを後白河法皇が領したため,平清盛に憎まれ斬られた。子能兼も後白河院北面に近侍。能盛は滝口・左兵衛尉,左衛門尉兼検非違使尉,出雲守,周防守と進む。後白河法皇の近習として仕え,今様を習い,双六の相手をし,熊野参詣には身近に供奉するなどの親昵さであった。検非違使としては供奉が多く武功はみられず,その本領は周防国・美濃国などの院分国,筑前国怡土荘などの院御領の支配を担当する実務吏僚であった。勅選歌人で知られ,「一品経和歌懐紙」に法師功徳品一首を詠み名を残している。<参考文献>正木喜三郎『大宰府領の研究』

(正木喜三郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原能盛の関連キーワード平治の乱永暦裹頭衆平治保元末期小侍従集首藤家季妹尾兼康中原基広

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone