コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原脩憲 ふじわらのながのり

1件 の用語解説(藤原脩憲の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原脩憲

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:康治2(1143)
平安末期の公卿。脩範と改名。藤原通憲(信西)の子。母が後白河天皇の乳母紀二位であり,さらに全盛期の平氏と婚姻関係を結んでいたため正三位参議左京大夫に至るが,寿永2(1183)年法住寺合戦で世をはかなみ翌日出家,大原に隠棲した。

(木村真美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原脩憲の関連キーワード信西藤原通俊藤原通憲平治の乱藤原実定藤原成範藤原朝子藤原脩範藤原宗隆藤原基隆

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone