コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原脩憲 ふじわらのながのり

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原脩憲

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:康治2(1143)
平安末期の公卿。脩範と改名。藤原通憲(信西)の子。母が後白河天皇の乳母紀二位であり,さらに全盛期の平氏と婚姻関係を結んでいたため正三位参議左京大夫に至るが,寿永2(1183)年法住寺合戦で世をはかなみ翌日出家,大原に隠棲した。

(木村真美子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

藤原脩憲の関連キーワード没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android